クマに注意してください。

このページを印刷する

山はクマの縄張り!

クマは本来臆病でおとなしい動物です。通常、人の気配を敏感に察知するため、クマの方が逃げたり、身を隠したりします。特に、山菜採り等で入山する場合にはクマの縄張りであることを十分認識して、クマとの遭遇を避けるための次のような工夫をすることが事故防止につながります。
◎鈴やラジオなど音で人の存在を知らせる
◎食べ残しや食べ物の容器等は野外に捨てない
◎夕暮れや明け方はクマが活発に行動するので入山を控える
◎単独で入山しない
 
今年はブナの実が凶作!
 今年度に入ってから秋田県内ではクマの目撃件数が420件を超えております。にかほ市でも、民家付近でのクマの目撃情報や農作物への被害があり、人里へのクマの出没が確認されています。特に今年はブナの実が凶作で、人里への出没がこれまで以上に増えると予想されます。庭木のクリやカキの実は早めに収穫し、民家近くであっても十分な警戒が必要です。
クマを発見したときはご連絡ください。
(通報者の方の氏名・連絡先、クマの大きさ・出没場所・出没時間等をお伺いします。)
 
 
連絡先 産業建設部農林水産課 (TEL 38-4303)
    にかほ警察署生活安全課(TEL 43-2935)