林業

このページを印刷する

林地の開発は許可が必要です
 大切な森林を無秩序な開発の波から守るため、森林法に基づく林地開発許可制度があります。この制度は、秋田県地域森林計画(森林簿、施業図に記載されている個所)の対象になっている民有林において各種の開発をする場合、知事の許可が必要になります。詳しくは、由利地域振興局(TEL 22-8351)にご相談ください。

伐採届け
 林木の伐採(間伐も含む)を行う場合には伐採届を提出しなければなりません。施業計画に基づくものは伐採完了後に届け、それ以外は伐採開始の1か月前までに届け出ることになっています。

貴重な自然を守るために
 自然の美しさを維持するため、レクリエーションやドライブ、山菜採りなどで野山に出かけたときは、マナーを守りゴミなどは持ち帰るようにしましょう。 特に、タバコの投げ捨てなどは絶対しないようにしましょう。 また、野山の緑はみんなの大切な財産です。木々を折ったり、貴重な自然植物の持ち帰りはやめましょう。 

松くい虫被害木伐倒にご協力を
 松くい虫の被害によって赤く枯れた松が市内全域に散在しています。市では被害の拡大防止のため被害木の伐倒駆除を行なっています。 被害木は早めに処分する予定ですが、所有者の特定が困難で連絡できない場合があります。 森林所有者をはじめ皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。 

ナラ枯れ被害について
 現在、秋田県内で「ナラ枯れ集団枯損被害」が拡大しております。
 早期発見、早期防除が被害拡大を防止しますので、5月上旬になっても「ミズナラ」や「カシワ」の新芽が出なかったり、8月中旬から10月上旬の期間に、樹幹部から木屑が出ているようなナラ類の木を発見した場合は、ご連絡くださるようご協力をお願いします。

■火入れ

  森林又は森林の周囲1キロメートルの範囲内にある土地に火入れする場合、火入れを行おうとする日の7日前までに「火入れ許可申請書」の届け出が必要です。詳しくは農林水産課(TEL 38-4303)にお問い合わせください。