遊漁者のみなさまへ

このページを印刷する

遊漁者のみなさまへ


 



 

漁業権について
 海には、漁業者の生産を確保するために、漁業法に基づき漁業権が設定されています。
 漁業権には次の3種類があります。
  ・共同漁業権
  ・区画漁業権
  ・定置漁業権

 共同漁業権の内容となっている水産動植物には次のものがあります。
  ◎アワビ、サザエ、カキ、ハマグリ、コタマガイ、アサリ等の貝類
  ◎ワカメ、岩ノリ、モズク、アオサ等の藻類
  ◎タコ、ナマコ、エムシ等の水産動物
 これらはいずれも漁業者の大切な収入源となっており、漁業組合で、採捕する期間、場所、漁法等を定めて大切に管理しています。遊漁者のみなさんが、禁止されていない漁具や漁法で採捕しても、漁業権の侵害になり、罰せられることがあります。

漁業権侵害等による罰則について
 沿岸地域では、ワカメ、岩ノリ、モズク、アオサ、カキ、サザエ等の水産動植物を採捕することは、漁業法により、漁業権侵害に問われ罰せられる場合があります。
 また、放産したハタハタ卵を採捕した場合は秋田県漁業調整規則により罰せられますのでご注意ください。

遊漁者が使用できる漁具、漁法
 遊漁者のみなさんが海面で使用できる漁具、漁法は次のとおり規定されています。
 (1)竿釣り及び手釣り(まき餌釣りは除かれます)
 (2)たも網及び叉手網
 (3)投網(船を使用しないものに限ります)
 (4)歩行徒手採捕

遊漁者に禁止されている行為
 (1)トローリング
 (2)まき餌釣り
 (3)船を使用する投網
 (4)水中銃に類するもので水産動植物を採捕すること
 (5)潜水器をつけて水産動植物を採捕すること

海をきれいに
 釣り場でのルールを守り、えさの残り、ビニール袋、空きカンなどのゴミを捨てたり置き去りにしないで、きれいな海を心がけましょう。

−問い合せ先−
秋田県漁業協同組合南部総括支所
(電話 0184−38−2210)