投票について

このページを印刷する

◎選挙では「投票日に自ら投票所へ行き投票する」のが原則ですが、選挙期日に投票に行けない方のために以下のような制度があります。

期日前投票

・期日前投票とは、投票日に仕事や旅行など一定の予定のある方が、選挙の公示又は告示日の翌日から投票日の前日までの間に、投票日と同じように投票できる制度のことです。

・投票できる人 旅行、病気、入院、出産、出張等の仕事、地域行事の役員、本人又は親族の冠婚葬祭などのために投票日当日に投票所へ行けない人

・投票できる場所 にかほ市総合福祉交流センター「スマイル」

         にかほ市役所 金浦庁舎

         にかほ市役所 象潟庁舎

・投票できる時間 午前8時30分~午後8時まで

・手続き 入場券裏面の期日前(不在者)投票宣誓書兼請求書に必要事項を記入し期日前投票所まで持参してください。入場券を紛失若しくは忘れた場合でも投票できますので、期日前投票所受付へお申し出ください。

 

不在者投票

 ・不在者投票とは、一定の事由により選挙期日に投票できない人が、名簿登録地以外の市区町村や、病院、老人ホームなどにおいて投票できる制度です。

1.仕事・旅行などで滞在している市区町村での不在者投票

・仕事や旅行などで、選挙期間中、名簿登録地以外の市区町村に滞在している方は、滞在先の市区町村の選挙管理委員会で不在者投票ができます。

  

・投票できる期間 公示(告示)日の翌日から投票日前日
 午前8時30分~午後5時まで(滞在先の選挙管理委員会の執務時間内)
 
・投票の流れ
(1)不在者投票請求書・宣誓書に必要事項を記入し、直接又は郵送で投票用紙の請求を行います。
(2)にかほ市選挙管理委員会からご本人の滞在地へ投票用紙等を郵送します。
(3)郵送された投票用紙等を、そのままの状態で滞在先の市区町村選挙管理委員会に持参し不在者投票を行います。

                          

※事前に投票用紙に記入したり、不在者投票証明書の封筒を開封したりすると無効になりますので注意してください。

※不在者投票ができる期間は選挙の公示又は告示の翌日から投票日の前日までですが、郵送期間を考慮し、日数に余裕を持って投票してください。

不在者投票請求書・宣誓書こちら

 

2.指定病院、指定老人ホームでの不在者投票

 ・都道府県選挙管理委員会が指定する病院・老人ホーム等に入院、入所中の方で、歩行困難などの理由により投票所に行くことができない方は、その施設内で不在者投票ができます。

 

・投票できる期間 公示(告示)の翌日から投票日前日まで

※投票の日程などについては、病院・施設へお問い合わせください。                 

 

3.郵便等による不在者投票

 ・身体障害者手帳、戦傷病者手帳又は介護保険の被保険者証の交付を受けている方で、郵便投票証明書をお持ちの方は投票日の4日前まで投票用紙を請求することで自宅から郵送で不在者投票ができます。

※郵便投票証明書をお持ちでない方も、次のいずれかの要件を満たす方は事前に郵便等投票証明書交付申請手続きをすることで、郵便等による不在者投票が可能になります。

 

○身体障害者手帳をお持ちの方で次のいずれかに該当する方

・両下肢、体幹、移動機能の障害の程度が、1級又は2級
・心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう又は直腸、小腸の障害の程度が、1級又は3級
・免疫、肝臓の障害の程度が1~3級

  

 ○戦傷病者手帳をお持ちの方で次のいずれかに該当する方

・両下肢、体幹の障害の程度が、特別項症から第2項症まで
・心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障害の程度が、特別項症から第3項症

 

 ○介護保険の被保険者証をお持ちの方

・要介護状態区分が要介護5