選挙権年齢の引下げについて

このページを印刷する

「満20歳以上」から「満18歳以上」へ

平成27年6月に公職選挙法等の一部を改正する法律が成立し、公布されました。今回の公職選挙法等の改正により、満18歳以上の方が選挙に参加できるようになります。

この改正は、平成28年6月19日から施行され、施行日後初めて公示される国政選挙から適用されます。地方選挙については、国政選挙の公示日以後に告示される選挙からの適用となります。

詳しくは総務省ホームページ「選挙権年齢の引下げについて」をご覧ください。