にかほ市は「地球温暖化防止都市」を宣言しました

このページを印刷する

 にかほ市では、本市に於いて地球温暖化対策を真剣に取り組むため、地域住民と行政が協働で温室効果ガスを抑制するための推進を図ることを目的とする、「にかほ市地球温暖化防止対策地域協議会」を設立するため、準備検討委員会の協議を経て、この度平成21年7月6日に設立総会を開催しました。
設立総会では、役員を選任し行動指針計画等が決定され、最後ににかほ市地球温暖化防止都市宣言を採択し、閉会となりました。
これを受け7月22日に市議会に宣言書が報告され、更に同宣言書を告示しております。
ここに「地球温暖化防止都市宣言」を掲示いたします。
「地球温暖化防止都市宣言」
 二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量増大に伴う地球温暖化は、異常気象や生態系の急変等を引き起こし、人類の存続そのものを揺るがす深刻な問題となっています。
温暖化に対する国際的な関心も高まっており、2008年から2012年は京都議定書に定める「第一約束期間」であり、期間内に日本は温室効果ガス排出量を1990年比で6%削減する必要があります。
にかほ市としても、新たな温暖化対策を協力に進めていくために、「地球環境保全行動指針計画」を定め、市民・事業者・行政が一体となって、温室効果ガスの削減に努めるとともに、市民生活や企業活動に密着した基礎的自治体の特性を生かした、斬新でにかほ市らしい取り組みを進めてまいります。
脱温暖化型の生活と産業システムの構築・豊かな水と緑の環境の保全により、誰もが住みたいと思う「まち」を次代に引き継ぐことは、にかほ市民が率先して取り組むべき課題です。
幅広く議論を喚起し、意識を共有し、一人ひとりの地球環境を守る行動へと発展させるために「地球温暖化防止都市」を宣言し、市民の皆さんと一緒に全力を挙げて取り組んでまいります。
  以上 宣言する。
平成21年7月22日  
秋田県にかほ市