ペットは飼い主が責任をもって飼いましょう

このページを印刷する

 

フンは飼い主が責任をもって持ち帰ってください
犬小屋の周辺はもちろん、散歩中のフンの始末も飼い主の責任です。持ち帰って燃えるゴミとして処理してください。
フンの放置は「にかほ市住みよい環境づくり条例」で禁止されており、違反者には罰則(3万円以下の過料)が適用される場合があります。

飼い犬は登録が義務づけられています
生後90日を過ぎた飼い犬は登録が義務づけられています。室内で飼っている犬であっても登録が必要です。
登録時に交付される「鑑札」は迷子札にもなりますので、首輪にしっかりとつけておきましょう。登録は市役所各庁舎で随時受け付けております。

放し飼いは絶対にやめてください
放された犬は、飼い主の知らないところで他人に迷惑をかけたり、思わぬ事故につながる可能性があります。必ず丈夫な鎖などでつないで飼いましょう。散歩中に少しの間リードを外すことも放し飼いと同じことです。

飼い犬がいなくなったら、市役所か保健所に連絡を
 万一、飼い犬が逃げ出してしまったら、すぐに市役所生活環境課か、由利本荘保健所へ連絡してください。
生活環境課では一定期間、迷い犬を保護しますが、飼い主からの連絡がない場合は保健所へ引き渡すことになります。

狂犬病予防注射を忘れずに
狂犬病予防接種は年1回必ず受けさせなければなりません。春の集合予防注射か、最寄りの開業獣医師のもとで必ず受けさせるようにしてください。

飼い犬についてのお問い合わせは
生活環境課 生活環境班(仁賀保庁舎)
電話 0184−32−3033
金浦市民サービスセンター
電話 0184−38−4300
象潟市民サービスセンター
電話 0184−43−7500
由利本荘保健所 (由利本荘市水林366)
電話 0184−22−4121