市税について

このページを印刷する


市税について

 市税の役割             

 みなさんに納めていただく市税は、市のいろいろな施策である福祉、教育、土木などの「行政サービス」として、また市民のみなさんの生活環境などの向上を図るための最も重要な財源として、私たちの身近な暮らしを支えています。



 普通税と目的税         
 

 市税には2種類あります。

普通税
 使途を特定しないで市民の皆さんの声を反映して自主的に使うことのできるもの(市民税や固定資産税など)です。納付していただいた市税は、計画的なまちづくりに必要な貴重な財源となります。

目的税
 
特定の事業のためだけに使われるもので、にかほ市では国民健康保険税(国保税)と入湯税がこれにあたります。国保税は病気やケガをした場合に医療機関等では医療費の一部をお支払いいただき、残りは国保で負担しています。このとき、国保が負担する医療費の財源となっているのが国保税です。国保に加入している皆さんが国保税を納付することによってこの制度が成り立っています。

  市税を有効に使うためには、皆さんのご協力により納期限内に納税をしていただくことが最も重要です。

 


−お問い合わせ先−

象潟庁舎   財務部税務課 (電話0184−43−7505)
金浦庁舎   金浦市民サービスセンター (電話0184−38−4300)
仁賀保庁舎 仁賀保市民サービスセンター (電話0184−32−3030)


税金