住民基本台帳カードの継続利用が可能になります

このページを印刷する

 

住民基本台帳カードの継続利用が可能になります

 

これまで住基カードは、市外へ転出した場合、有効期限内であっても失効していましたが、平成24年7月9日からの新制度では、手続きをすることにより原則として継続利用が可能になりました。(国外転出は除きます)

※住基カードに記録されている電子証明書は対象にはなりません。

 
≪転出届を出される際の注意点≫

〇 転出届の手続き期間

 お引越し予定日の14日前、または引越し後14日以内の転出手続きが対象です。

 
≪転入届を出される際の注意点≫

 

〇 継続利用する住基カードの持参 
 転入先市町村の窓口へ、継続利用希望される方全ての住基カードを提出ください。

■住基カードの持ち主が届出する場合

 ・住基カード ※暗証番号入力が必要です。

 ・本人確認書類(住基カードが顔写真付きの場合は不要)

 

■住基カードの持ち主と同じ世帯の方が届出する場合
 ・住基カード ※暗証番号入力が必要です。

 ・届出する方の本人確認書類


■住基カードの持ち主の法定代理人が届出する場合
 ・住基カード ※暗証番号入力が必要です。

 ・届出する方の本人確認書類

 ・法定代理人であることの証明

 

■上記以外の方が届出する場合(任意代理人による申請)

 ・住基カード

 ・届出する方の本人確認書類

 ・委任状

※ 申請後、住基カードの持ち主あてに文書を送付します。その文書に暗証番号を記入の上、再度来庁していただく必要があります。

 

〇 転入届の手続き期間
 新住所地に住み始めてから14日以内に手続きください。

 
≪注意事項≫

 次の場合は、継続利用を希望して転出届の手続きを済ませられた場合でも、継続利用ができません。ご注意ください。

1.転入届をせず、転出予定日から30日を経過した場合、または転入した日から14日を経過した場合

2.転入届後、90日以内に継続利用の手続きをしなかった場合

 

 

 

 

 

仁賀保庁舎 市民課 TEL 32−3032