ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチン、子宮頸がん予防ワクチンについて

このページを印刷する

ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチン・

子宮頸がん予防ワクチンが定期接種化

 
 
平成25年4月1日から、ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチン・子宮頸がん予防ワクチンの3ワクチンが定期接種に加わりました。
 
 
◆ヒブ(インフルエンザ菌b型)とは?
 中耳炎、副鼻腔炎、気管支炎などの感染の他、髄膜炎、敗血症、肺炎などの重篤な深部(全身)感染を起こす乳幼児の病原細菌です。
 
◆ヒブワクチンとは?
 インフルエンザ菌は7種類に分類されますが、重症例は主にb型のため、ワクチンとしてこのb型が使われています。ヒブへの抵抗力は3歳以降急速に上昇するので、5歳以上でのワクチンの接種は必要ないとされています。
 
◆標準的な接種のしかたは?
 
 
初回接種
追加接種
標準年齢
生後2~7ヵ月齢未満
 
接種間隔
4~8週
初回接種終了後7~13ヵ月
接種回数
生後2~7ヵ月齢未満開始の場合3回
1回
生後7~12ヵ月齢未満開始の場合2回
1回
1~5歳未満開始の場合1回
なし
 
 
 
 
◆肺炎球菌とは?
 この菌は子どもの多くが鼻の奥に保菌していて、ときに細菌性髄膜炎、菌血症、肺炎、副鼻腔炎、中耳炎といった病気を引き起こします。
 
◆小児用肺炎球菌ワクチンとは?
 子どもで重い病気を起こしやすい7つの血清型について、上記の病気を予防するように作られたのが、小児用肺炎球菌ワクチンです。
 
◆標準的な接種のしかたは?
 
初回接種
追加接種
標準年齢
生後2~7ヵ月齢未満
12~15ヵ月齢
接種間隔
27日以上
初回接種終了から60日以上
接種回数
生後2~7ヵ月齢未満開始の場合3回
3回目から60日以上の間隔で1回
生後7~12ヵ月齢未満開始の場合2回
生後12ヵ月齢以降、2回目から60日以上の間隔で1回
1~2歳未満開始の場合  
60日以上の間隔で2回
なし
2~5歳未満開始の場合1回
なし
 
◆同時接種について
 生後2~3ヵ月はヒブワクチンや小児用肺炎球菌ワクチンの他に四種混合ワクチンやロタウイルスワクチン(任意接種)等もあるため、接種スケジュールの関係上同時接種も可能です。
医師と相談のうえ、接種の方法を決めてください。
 
 
 
◆子宮頸がん予防ワクチンとは?
知っていますか?子宮頸がんは予防できる『がん』です。
 
 子宮頸がんは女性の命はもちろんのこと、妊娠や出産の可能性まで奪ってしまう、生活や人生に大きな影響を及ぼす病気ですが、他のがんとは違って原因が解明されており、予防が可能ながんです。
 子宮頸がんの発症のほとんどは、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因です。発がん性HPVは性交渉のみで感染し、性交渉経験のある女性の約8割が一生に一度は感染していると報告があるほどありふれたウイルスです。感染してもほとんどの人には免疫機能が働き、1年以内に消失しますが、一部の人には残ってしまい5~10年後に子宮頸がんが発生すると考えられています。
  
※ワクチンによる予防効果が高いのは感染前!
 子宮頸がんを予防するには、感染する前にしっかりと免疫をつけることが大切です。小学校6年相当~高校1年相当の女児を接種対象とすることで子宮頸がんの発生を70%減少させることができるものと期待されています。ワクチンを半年間の間に3回、腕の筋肉に注射すると、接種後8.4年間は有効であり、20年間は抗体価が持続することが推計されています。
 
 
◆子宮頸がん予防ワクチンの接種方法
子宮頸がん予防ワクチンは、肩に近い腕の筋肉に注射します。1~2回の接種では十分な抗体ができないため、半年の間に3回の接種が必要です。
 
○定期接種対象者

小学校6年生(12歳相当)~高校1年生(16歳相当)の女児

※標準的な接種年齢は中学1年生(13歳相当)
 
   
○接種スケジュール
ワクチンの種類
1回目
2回目
3回目
サーバリックス
希望した日
1回目の1ヵ月後
1回目の6ヵ月後
ガーダシル
希望した日
1回目の2ヵ月後
1回目の6ヵ月後
※ワクチンの種類によって接種時期が異なるため必ず1回目に接種したワクチンと同様のものを2回目、3回目も接種してください。
 
 
 
 
 
◆接種実施医療機関一覧(にかほ市)
 
医療機関名
住所
電話番号
予防接種の種類
(○:実施 ×:未実施)
ヒブ
小児用肺炎球菌
ヒトパピローマウイルス
仁賀保地域
小出診療所
にかほ市中三地字前田14-1
36-2124
院内診療所
〃  院内字〆カケ7-1
36-2150
すずらん診療所
   平沢字行ヒ森10-7
62-8065
×
×
加藤医院
  平沢字上町85-3
35-2543
×
×
象潟地域
金病院
  象潟町字後田34-1
43-5522
神坂医院
  象潟町字4丁目塩越245
43-3108
木村医院
〃   象潟町字狐森101
43-3308
×
×
象潟駅前皮膚科
  象潟町字家ノ後13-9
43-5252
×
×
 
*各医療機関において、接種日・接種時間に相違がありますので、あらかじめ希望する医療機関にお問い合わせください。
*接種の際には、接種日等を「母子手帳」に記録しますので、忘れずにお持ちください。
 
 
※不明な点等ありましたら、接種医療機関または各保健センターにお問い合わせください。
 
◆仁賀保保健センター☎32-3000 
◆金浦保健センター ☎38-4200  
◆象潟保健センター ☎43-7501