選挙人名簿制度について

このページを印刷する

選挙権は、18歳以上の日本国民に与えられた権利ですが、実際に投票するためには、市町村の選挙管理委員会が管理する選挙人名簿に登録されていなければなりません。

 
選挙人名簿とは
 
選挙人名簿とは、選挙権のある人をあらかじめ登録しておく名簿で、市町村ごとに作成されます。選挙人が実際に投票するためには、それぞれの選挙においての選挙権と選挙人名簿登録資格要件を同時に満たしていなければなりません。選挙人名簿の登録には、定時登録と選挙時登録の2種類があります。
 
登録資格要件
定時
登録

基準日等:毎年3、6,9,12月の1日を基準日とし、その月の1日に登録します。

年齢要件:基準日現在、年齢満18年以上の日本国民

住所要件:住民票が作成された日(転入については転入届をした日)から引き続き3カ月以上その市町村の住民基本台帳に登録されている方。

選挙時 登録

 
基準日等:選挙が実施される際に、一定の基準日を設けます。※通常、公示(告示)日の前日が基準日となります。

年齢要件:投票日現在で、年齢満18年以上の日本国民

住所要件:定時登録と同様

 
登録の抹消
1.死亡又は日本国籍を喪失したとき
2.他の市町村、外国へ転出し、転出後4カ月を経過したとき
3.誤って登録されているとき
 
選挙人名簿の縦覧  → 平成29年6月1日から縦覧制度が廃止になりました。
 

選挙人名簿の閲覧

選挙人名簿に登録された人の氏名・住所・生年月日を記載した書面を閲覧できます。
 
 閲覧できる場合
1 特定の者が選挙人名簿に登録されている者であるかどうか確認するため
2 公職の候補者等、政党その他の政治団体(後援会等)が政治活動・選挙運動を行うため
3 統計調査、世論調査、学術研究その他の調査研究で公益性が高いと認められるものうち、政治・選挙に関するものを実施するため
 
 閲覧場所  にかほ市選挙管理委員会事務局内
 閲覧期間  午前8時30分~午後5時(平日のみ)
  
   本人確認のため、顔写真付きの身分証明書を提示していただきます。
 
※ 選挙期日の公示又は告示の日から選挙期日の5日後までの間は閲覧できませんのでご注意ください。