平成26年度から特定不妊治療への助成の仕組みが変わります!

このページを印刷する

 

特定不妊治療への
  助成の仕組み変わります!!
 

 
平成28年度から、特定不妊治療費助成制度が新しくなります。
平成26・27年度は移行期間のため、これまでの制度を適用します。
 
 ※ただし、平成26年度以降に新たに助成を受ける方のうち、初めて助成を受ける妻の治療開始時の年齢が40歳未満の場合、新制度が適用されます!
 

 
 

特定不妊治療費の助成(にかほ市)

 
にかほ市では、不妊治療を受けているご夫婦への経済的支援として、「特別不妊治療費助成事業」を実施しています。
 
◆助成回数◆
~これまで(平成25年度以前)に助成を受けていた方~
 
3回/年(5年間通算15回)まで助成
 
~これから(平成26年度以降)初めて助成を受ける方~
 
○40歳未満の方→年間助成回数制限なし
        ※ただし、43歳になるまでに通算9回まで助成できます。
 
○40歳以上の方→3回/年まで
 
◆助成額◆
 治療に要する費用のうち、秋田県の特定不妊治療費助成事業との差額15万円を上限として助成します。
 
◆申請必要書類◆
 1.にかほ市特定不妊治療費助成事業申請書・・・ダウンロード 
 2.秋田県特定不妊治療費助成事業に申請した書類の写し
   (1)特定不妊治療費助成事業受診等証明書
   (2)夫及び妻の住民票
 3.秋田県特定不妊治療費助成事業承認決定通知書の写し
 
申請は治療終了後の年度末(3月31日)までに、健康推進課(各保健センター)の窓口にて申請してください。
 

特定不妊治療費の助成(由利本荘保健所)

 
秋田県では、特定不妊治療を受けているご夫婦に対し、費用の一部を助成しています。
 
◆助成回数◆
 上記の回数と同じです。
 
◆助成額◆
 秋田県では、1回の治療あたり10万円または20万円を上限として助成しています。※詳細についてはこちら(秋田県ホームページ)
 
 
―お問い合わせ先-
健康推進課 仁賀保保健センター(スマイル) 32-3000
      金浦保健センター        38-4200
      象潟保健センター        43-7501