臨時福祉給付金(経済対策分)のご案内

このページを印刷する

≪臨時福祉給付金とは≫

平成26年4月からの消費税率引き上げに伴い、所得の低い方々への負担の影響を緩和するため、暫定的、臨時的な措置として行う給付金事業です。

 

支給基準日 

 平成28年1月1日

支給対象者

【臨時福祉給付金】 
 
支給基準日現在で、にかほ市の住民基本台帳に記録されている方で、平成28年度の市民税(均等割)が課税されていない方
 
※ただし、市民税が課税されている方から扶養されている方や生活保護世帯は対象外となります。
 
※扶養されている方とは、税法上の控除対象配偶者、配偶者特別控除における配偶者、扶養親族、青色事業専従者及び白色事業専従者となります。また、16歳未満の年少者も扶養親族となります。
 

支給額

 支給対象者1人につき、15,000円
 

申請書類

・臨時福祉給付金(経済対策分)申請書(市から郵送)

・振込先金融機関の通帳、もしくはキャッシュカードのコピー

※前回の給付金を、にかほ市から受け取られた方で、今回も同じ受取口座を希望する場合には、添付不要です。

※その他、必要に応じて、市が書類を求める場合があります。

申請手続

対象となる可能性のある方へ「2月上旬」に申請書等を郵送していますので、必要事項を記入し、押印のうえ、同封の返信用封筒(切手不要)で郵送もしくは受付窓口まで持参してください。

申請期間

平成29年2月7日(火)~平成29年7月31日(月)

※窓口での申請受付は、平日(午前8時30分~午後5時15分)のみとなります。

※郵便の場合は、受付期間最終日の当日消印有効です。

※申請期間を過ぎると申請ができなくなり、給付金の受け取りができません。

受付窓口

・福祉課(仁賀保庁舎内)

・金浦市民サービスセンター

・象潟市民サービスセンター

審査結果

申請からおおむね1ヶ月程度で審査の結果を文書でお知らせします。審査の結果、支給対象とならない場合もあります。

※支給決定がされる前にお亡くなりになられた方は支給の対象になりません。

支給方法

給付金は3月以降に申請者の口座に振り込みます。口座をお持ちでない場合は、最寄の市役所窓口にて現金でお渡しします。

市からの問い合わせについて

申請において、不明な点があった場合、市から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動支払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振込を求めることは、絶対にありません。
もし、不審な電話がかかってきた場合は、すぐに市の窓口または警察にご連絡ください

 配偶者からの暴力を理由に避難している方について

 配偶者からの暴力を理由に避難しているが、事情により、基準日(平成28年1月1日)時点で住民票を移すことができていない方で、一定の要件を満たす方は、事前の申出により、お住まいの市町村で給付金を受け取ることができます。
 詳しくは下記までお問い合わせください。

お問い合わせ先

 にかほ市福祉事務所 福祉課 福祉班(仁賀保庁舎)
 電話番号0184-32-3034
 受付時間8:30~17:15(平日のみ)