姉妹館提携:ニュージーランド クライストチャーチ市カンタベリー博物館

このページを印刷する

 白瀬南極探検隊記念館は平成4年7月にカンタベリー博物館と姉妹館提携調印を交わし、平成18年度より隔年の中学生代表団の交流を実施しています。

 カンタベリー博物館は南半球随一と言われる鳥類の標本を所蔵し、特に絶滅した巨大な鳥モアに関しては骨格標本や卵の化石といった貴重な資料が展示されています。南極探検のコーナーでは、白瀬矗中尉と南極点到達を争ったロバート・ファルコン・スコット(イギリス)やロアルド・アムンセン(ノルウェー)の探検時の装備などが展示されており、この分野では世界最大の展示規模を誇ります。また、白瀬矗中尉展示コーナーには、「開南丸」の模型が展示されています。平成19年1月には白瀬矗中尉のブロンズ像がにかほ市から永久貸出しされ、除幕式が開催されました。

 これまでに両市を行き来した団員は、延べ127人となりました。(平成25年9月末)

 

平成25年9月の代表団