DV(ドメスティック・バイオレンス)

このページを印刷する

DV(ドメスティック・バイオレンス)
   DV(ドメスティック・バイオレンス=DOMESTIC VIOLENCE)は、配偶者や恋人など親密な関係にある人から振るわれる暴力のことで、犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害です。
DVは、身体的暴力に限らず、精神的、経済的、性的等、あらゆる暴力が含まれ、その被害が深刻であるにもかかわらず、長い間、家庭の問題や夫婦間の問題として潜在化の傾向にありました。
DVは、子どもにとっても、目撃することそのものが心理的虐待となる場合があります。暴力は繰り返され、だんだんエスカレートする傾向がありますので、被害が深刻にならないうちに、早期の相談が大切です。

 
 
こんなことも暴力です
 
身体的暴力  
 ・殴る  ・平手で打つ
 ・こづく  ・蹴る
 ・殴るふりをする  ・包丁を突きつける
 ・物を投げつける  ・髪を引っ張り、引きずりまわす
 ・タバコの火を押しつける  ・首をしめる
 ・階段から突き落とす  ・ケガをしているのに病院にいかせない
など

 
 
精神的暴力  
 ・何でも従えと言う  ・発言権を与えない
 ・何を言っても無視する  ・『別れたら自殺する』と脅す
 ・大事なものを捨てる、壊す  ・人前で侮辱する
 ・怒鳴りつける  ・外出を禁止する
 ・嫌みを言う  ・『だれのおかげで食えるんだ』と見下す
 ・交友関係や電話の内容を細かく監視する
など

 
 
経済的暴力  
 ・生活費を渡さない  ・外で働くことを妨害する
 ・洋服などを買わせない  ・家計を厳しく管理する
 ・家庭の収入について何も教えない上に使わせない
 ・借金を負わせる  ・妻の収入や預金を勝手に使う
など

 
 
性的暴力  
 ・見たくないのにポルノビデオを見せる  ・暴力的な性行為をする
 ・意思に反した性行為の強要  ・他の女性関係を認めさせる
 ・子どもができないことを一方的に非難する
 ・避妊に協力しない  ・中絶の強要
など

 
 
社会的暴力  
 ・妻の生活や人間関係、行動などに対して無視をしたり制限をしたりする
 ・実家や友人の付き合いについて制限をして妻を独占しようとする
など

 
 
子どもを利用した暴力  
 ・子どもに暴力を加えたり、暴力を見せる  ・子どもを取り上げる
 ・子どもを取り上げる  ・『子どもに危害を加える』と言って脅す
 ・子どもに母親を非難させたり、中傷することを言わせる
など  

 
 
もしも被害にあったら
 
110番通報
 『現に暴力が振るわれている』あるいは『暴れている』などで緊急性がある場合
 ・現場から逃げ出して助けを求め、110番通報しましょう
 ・自分で110番通報できないような状況の場合は、支援者などから110番通報してもらいましょう

 
119番通報
 ケガをして自分で病院に行けない場合
 ・119番通報し、救急車を呼びましょう(搬送記録が残ります)

 
 
DV被害女性の支援機関
 
一時保護・カウンセリング・相談
 秋田県女性相談所(配偶者暴力相談支援センター)
電話相談
(女性ダイヤル相談)
平日
8:30〜21:00
土日祝日
9:00〜18:00(年末年始は休み)
相談専用電話
018−835−9052
DVホットライン(県内限定フリーダイヤル)
0120−783−251
Eメール相談 jyosou@pref.akita.lg.jp
一時保護 被害者と同伴の家族の身柄を安全に保護します

 
女性に関する相談
 秋田県中央男女共同参画センター(配偶者暴力相談支援センター)
電話相談 相談専用電話
018−836−7846
 秋田県警本部
レディース110番 相談専用電話(フリーダイヤル)
0120−028−110
電話相談は、24時間体制で女性警官があたり、
被害者の心情に配慮して対応します

 
地域での相談
 由利地域振興局福祉環境部 (電話 0184−22−4120)
 にかほ警察署 (電話 0184−43−2935)
 にかほ市子育て長寿支援課 (電話 0184−32−3040)