児童虐待

このページを印刷する

児童虐待
   児童虐待は、しつけであるとか、良い子にするためにという保護者の意図とは関わりなく、子どもにとってそれが有害であるか、子ども自身が苦痛を感じているかという視点から判断されます。
 虐待の多くは家庭の中で行われるため、発見が遅れて取り返しのつかなくなる場合もあります。周囲にいる人が虐待に気づくことで、子どもや家庭を救うことになります。
 様子がおかしいな?と感じたら、すぐに関係機関に通報してください。
 連絡した人が特定されないように、秘密は守られます。また、子育てについて不安を持っている人も、1人で悩まず、いつでも相談してください。
   
こんなことが虐待にあたります
 
身体的虐待
 児童の身体に外傷が生じ、または生じる恐れのある暴行を加えること
 ・首をしめる  ・殴る
 ・蹴る  ・熱湯をかける
 ・食事を与えない  ・溺れさせる
 ・逆さ吊りにする  ・投げ落とす
 ・異物を飲ませる  ・冬戸外に閉め出す
 ・一室に拘束する  
など

 
 
性的虐待
 児童にわいせつな行為をすること、または児童をしてわいせつな行為をさせること
 ・子どもへの性交、性的暴行、性的行為の強要、教唆など
 ・ポルノグラフィーなどを見せたり、被写体などを強要する
など

 
 
ネグレクト  
 児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食または長時間の放置、その他の保護者としての監護を著しく怠ること
 ・家に閉じ込める(登校させない)  ・乳幼児を車の中に放置する
 ・重大な病気になっても病院に連れて行かない
 ・食事を与えない  ・乳幼児を家に残したまま度々外出する
 ・子どもにとって必要な情緒的欲求にこたえない(愛情を与えない)
 ・下着など長期間ひどく不潔なままにする  ・極端に不潔な環境の中で生活させる
など

 
 
心理的虐待
 児童に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと
 ・言葉による脅かしや強迫  ・子どもを無視したり拒否的な態度を示す
 ・子どもをおびえさせたり心を傷つけるようなことを繰り返し言う
 ・子どもの自尊心を傷つけるような言動  ・他の兄弟とは著しく差別的な扱いをする
など  

 
 
児童虐待防止の支援機関
  一時保護・カウンセリング・相談
   秋田県中央児童相談所 (電話 018−862−7311)

 
  地域での連絡・相談
   にかほ市子育て支援課 (電話 0184−32−3040)

 
  子育ての悩み相談
   にかほ市家庭児童相談員
 電話での相談のほか、家庭訪問による相談も行っています。連絡は上記、子育て支援課にお願いします。