ひとり親家庭の日常生活支援

このページを印刷する

   
   母子家庭、父子家庭及び寡婦が、修学あるいは病気などのため一時的に生活援助が必要な場合、家庭生活支援員を派遣する事業があります。
 
実施主体
   にかほ市
対象者
   母子家庭、父子家庭及び寡婦で、技能習得のための通学、就職活動、疾病、看護、事故、冠婚葬祭、出張等、一時的に生活援助が必要な家庭
便宜の種類
   家事、介護その他の日常生活の便宜
実施場所
   被生活援助者の居宅
費用負担
   派遣を受けた世帯は、次の費用を負担することになります
 
利用世帯の区分 利用者の負担額(1時間当たり)
生活保護世帯、市民税非課税世帯 0円
児童扶養手当支給水準の世帯 150円
前記以外の世帯 300円

【お問い合わせ】 子育て長寿支援課・子育て支援班 32-3040