ひとり親家庭向け各種制度のおしらせ

このページを印刷する

ひとり親家庭に関する各種支援制度をご紹介します。

 

助成・手当

•児童扶養手当

 児童扶養手当は、離婚や配偶者の死亡などによるひとり親家庭等で、18歳到達後最初の3月31日までの児童を養育している方に支給されます。(支給要件あり)

詳しくはこちら

 

•自立支援給付金事業

 母子家庭の母または父子家庭の父が、雇用の安定及び就職の促進を図るために必要な職業に関する教育訓練を受講する際、その費用の一部を支給します。

詳しくはこちら

 

•災害遺児愛護基金事業給付金

 交通災害、労働災害、自然災害により、父・母を失ったとき、中学校3年生までの災害遺児を養育する保護者に見舞金や入学・卒業祝い金などが支給されます。

詳しくはこちら

 

•交通遺児奨学金

 保護者等が自動車やバイクの事故など道路における交通事故で死亡したり、重い後遺障害のために働けず、経済的に就学が困難な生徒、学生が高校や大学などに進学、在学する場合に貸与されます。

お問い合わせ先:公益財団法人交通遺児育英会(電話03-3556-0773、フリーダイヤル0120-521286)

詳しくは交通遺児育英会のウェブサイトをご覧ください。

 

•就学援助

 経済的理由で就学(小学校、中学校)が困難な場合、学習に必要な費用(学用品費、医療費、学校給食費等)が援助されます。(所得制限あり)

 お問合せ先:にかほ市教育委員会学校教育課(電話0184-38-2266)

 

•福祉医療(マル福)

 ひとり親家庭の18歳の年度末までの子どもが病気になって医療機関にかかったとき、福祉医療費受給者証を提出すると医療費自己負担の助成が受けられます。(所得制限あり)

 お問合せ先:市民課(電話0184-32-3032)詳しくはこちら

 

資金の貸付

•母子父子寡婦福祉資金

 ひとり親家庭の方の就学や事業開始などに利用できる貸付制度があります。

詳しくはこちら

 

•ひとり親家庭等住宅整備資金

 ひとり親家庭の住宅の補修や増改築に必要な資金の貸付を行います。

詳しくはこちら

 

その他

•母子・父子自立支援員による相談

 ひとり親家庭に対する生活相談のほか、各種支援制度の情報を提供しています。
 また、ひとり親家庭就業・自立支援センターやハローワーク等と連携し、就業支援を行っています。

(事前に子育て長寿支援課(電話0184-32-3040)までご連絡ください)

 

•就業支援講習会

 秋田県ひとり親家庭就業・自立支援センター(電話018-896-1531)では、ひとり親家庭の方向けに就職や転職に役立つ各種技能の講習会を開催しています。
 講習会開催前に市広報でご案内をしています。

 講習会の開催状況はこちら(秋田県ひとり親家庭就業・自立支援センターのサイトに移動します)

 

•養育費の相談

 秋田県ひとり親家庭就業・自立支援センターでは、養育費に関する相談を受け付けています。

 

 

−問い合せ先−

にかほ市子育て長寿支援課
 (にかほ市役所仁賀保庁舎内) (電話 0184−32−3040)