水道管の冬への備えについて

このページを印刷する

寒さの厳しい12月から2月下旬までは、水道管やじゃ口の凍結にご注意ください。気温がマイナス4℃以下になったときや1日中氷点下の真冬日が続いたときは、水道管の凍結や破裂が起こりやすくなります。凍結すると、水が出なくなるのはもちろん、完全に凍ってしまったら簡単に解凍できません。
じゃ口や水抜き栓などの給水装置の点検を行うなど、寒い冬に備えましょう。

凍結するのはどんなとき?

  • 外気温がマイナス4℃以下になったとき。
    (マイナス4℃に達しなくても風の強いときは要注意です。)
  • 1日中氷点下の真冬日が続いたとき
  • 家の中でも、北側の風が当りやすい場所

注:旅行などで家を留守にするときや、長期間水道を使用しないときも注意が必要です。

水道管の凍結を防ぐポイント

ちょっとした気配りをすることで水道の凍結を予防することができます。

水抜き栓(凍り止め)をしっかりと閉めましょう

水を出した状態で水抜き栓のハンドルを完全に閉めてください。
ハンドルの中途半端な操作は漏水の原因になり、水道料金も高くなってしまいます。ハンドルの開け閉めは最後まできちんと行いましょう。
※水抜き栓にも種類があります。チェックしてみましょう!

長期間使用しない空き家やアパートなどの空室をお持ちのかたは水抜きを忘れずに!

数年来、空き家などで凍結による破裂が増加しています。また、破裂によってアパート・マンションなどでは、階下まで水浸しになる被害が発生する場合がありますので、十分に注意してください。

水抜き栓の操作方法

水抜き栓には、ハンドル式・レバー式・電動式などの種類があります。(以下にハンドル式水抜き栓の操作方法をご紹介します。) また、水抜き栓の設置場所は、建物によって異なりますが、壁・流しの下・トイレ・床下などが多いようです。アパートや借家で水抜き栓の場所がわからない場合は、管理人や所有者へお問い合わせください。

水抜き栓の使い方(ハンドル式)

#
  • (1)じゃ口をあけて水を出す
  • (2)水抜き栓のハンドルを右(閉の方向)にまわし、完全に閉める
#
  • (3)水が止まったことを確認し、じゃ口は開いたままにしておく。

水洗トイレの水抜き

#
  • レバーを上げたままにする。
#
  • 水抜き栓のハンドルを右(閉の方向)に閉める
  • レバーを戻す
#
  • タンク内を空にする。

お使いのトイレの凍結予防は、取扱説明書をご覧になるか、メーカーにご確認ください。

露出している水道管は要注意!水道管に保温材を巻きましょう。

布切れや発砲スチロールなどで覆い、濡れないようにその上からビニールテープを巻きましょう。

メーターボックスに保温材を入れましょう。

ご家庭にある発砲スチロールなどを細かく砕いて濡れないようビニール袋に入れ、メーターを覆うように詰めます。

温水器や、湯沸かし器、ボイラーの水抜きも忘れずに行いましょう。

各設備の取扱説明書をご覧ください

凍結や破裂してしまったら

軽い凍結の時は、以下の作業を行ってください。

  • 水道管にタオルなどを巻き付けて、熱めのお湯(約70~80℃)をゆっくりかけます。
    注意:直接熱湯を書けないで下さい。水道管が破裂するおそれがあります。
  • 部屋全体を暖かくし、ヘアドライヤーの熱風をあてます。
    注:ドライヤーなどのスイッチを入れたまま、その場を離れないでください。火災の恐れがあります。
  • 破裂してしまったら、メーターボックス内の止水栓を閉めるか、水の漏れている水道管の水抜き栓を閉めると、漏水を止めることができます。

それでも水が出ない

「にかほ市指定給水装置工事事業者」へ依頼してください。

解凍作業や破裂修理は有料です。工事費については、指定給水装置工事事業者へお問い合わせください。なお、アパートなどにお住まいの場合は、管理人や所有者に連絡のうえ、依頼してください。

指定工事業者一覧