障害者の手帳

このページを印刷する

▶ 障害者の手帳
障害者手帳には、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の3種類があり、心身に障害のある人を対象とした各種福祉制度を利用するために必要となります。

▶ 身体障害者手帳

対象者

指定医の診断により、下記のいずれかに永続する障害があると認められる方
・視覚
・聴覚
・平衡機能
・音声、言語、そしゃく機能
・肢体(上肢・下肢)不自由
・体幹(脳原性運動機能)
・内部機能(心臓、腎臓、肝臓、呼吸器、ぼうこう又は直腸、小腸、免疫)

内容 障害の程度が1級~6級まであり、状況によって再判定があります。
申請
窓口

市福祉事務所 福祉課(仁賀保庁舎)
象潟・金浦各市民サービスセンター

申請
手続きに
必要なもの
  1. 診断書(指定医師が記載したもの)
    ※障害の内容によって診断書の様式が異なりますので、必要な診断書様式を各申請窓口で受け取って下さい。
  2. 交付申請書
  3. 印鑑
  4. 本人の写真(縦4cm×横3cm)
    ※脱帽、上半身のみ、1年以内に撮影したもの
  5. 本人の個人番号
    ※個人番号カードもしくは個人番号通知カード+本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)をお持ちください。

 

こんなときは 手続き 手続きに必要なもの
手帳を紛失・破損したとき 再交付申請
  1. 再交付申請書
  2. 印鑑
  3. 本人の写真
    ※前記4のとおり
  4. 破損の場合は破損した手帳
  5. 本人の個人番号
    ※前記5のとおり
状態が変わったとき
再認定を受けなければならないとき
再交付申請
(程度変更)
  1. 診断書
    ※前記1のとおり
  2. 再交付申請書
  3. 印鑑
  4. 本人の写真
    ※前記4のとおり
  5. 現在の身体障害者手帳
  6. 本人の個人番号
    ※前記5のとおり
居住地、氏名が変わったとき 居住地等変更届
(※転入・転出の場合は新居住地の市町村で手続きをします)
  1. 居住地等変更届出書
  2. 印鑑
  3. 現在の身体障害者手帳
  4. 本人の個人番号
    ※前記5のとおり
手帳の交付を受けている本人が
死亡したとき
手帳返還届
  1. 返還書
  2. 印鑑
  3. 身体障害者手帳
  4. 本人の個人番号
    ※前記5のとおり

 

 ▶ 療育手帳

対象者

知的機能の障害が発達期(おおむね18歳まで)にあらわれ、日常生活に支障が生じているため、何らかの特別の援助を必要とする状態にある方で、児童相談所または福祉相談センターで知的に障害があると判定された方

内容 障害の程度によって、A(最重度、重度)、B(中度、軽度)に区分され、一定期間ごとに再判定を受ける必要があります。
申請
窓口

市福祉事務所 福祉課(仁賀保庁舎)
象潟・金浦各市民サービスセンター

申請
手続きに
必要なもの
  1. 交付申請書
  2. 同意書(18歳未満用)
    同意書(18歳以上用)

    ※申請者の年齢に応じて該当する方の様式を使用します。
  3. 日常生活の状況について
  4. 印鑑
  5. 本人の写真(縦4cm×横3cm)
    ※脱帽、上半身のみ、1年以内に撮影したもの

    ※上記の他、申請のために本人の状況のついて聞き取りがあります。詳しくは市福祉事務所 福祉課(電話:32-3034)へお問い合わせ下さい。

 

こんなときは 手続き 手続きに必要なもの
手帳を紛失・破損したとき 再交付申請
  1. 再交付申請書
  2. 印鑑
  3. 本人の写真
    ※前記5のとおり
  4. 破損の場合は破損した手帳
次期判定年月が近づいたとき
程度が著しく変わったとき
交付申請
(再判定)
  1. 交付申請書
  2. 印鑑
  3. 本人の写真
    ※前記5のとおり
  4. 現在の療育手帳
住所・氏名・保護者など
手帳記載内容に
変更があったとき
記載事項変更届
(※転入・転出の場合は新居住地の市町村で手続きをします)
  1. 記載事項変更届
  2. 印鑑
  3. 現在の療育手帳
手帳の交付を受けている本人が
死亡したとき
障害が消失したとき
手帳返還届
  1. 返還届
  2. 印鑑
  3. 療育手帳

 

▶ 精神障害者保健福祉手帳

対象者

精神に障害のある人で、長期にわたり日常生活または社会生活に制約がある方に交付されます。初診の日から6ヶ月以上経過すると申請できます。

内容 障害の程度によって1級~3級に区分されます。有効期間は2年で、2年ごとに再認定し、更新することになります。
申請
窓口

市福祉事務所 福祉課(仁賀保庁舎)
象潟・金浦各市民サービスセンター

申請
手続きに
必要なもの
  1. 診断書(精神障害者保健福祉手帳用)(指定医師が記載したもの)
    ※精神障害による障害年金を受給している場合は、診断書に代えて、下記のもの(両方)でも可
    年金証書もしくは支払通知書(ハガキ)
    障害等級照会同意書
  2. 交付申請書
  3. 印鑑
  4. 本人の写真(縦4cm×横3cm)
    ※脱帽、上半身のみ、1年以内に撮影したもの
  5. 本人の個人番号
    ※個人番号カードもしくは個人番号通知カード+本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)をお持ちください。

 

こんなときは 手続き 手続きに必要なもの
手帳を紛失・破損したとき 再交付申請
  1. 再交付申請書
  2. 印鑑
  3. 本人の写真
    ※前記4のとおり
  4. 破損の場合は破損した手帳
  5. 本人の個人番号
    ※前記5のとおり
更新するとき
状態が変わったとき
交付申請
(更新・再認定)
  1. 診断書
    ※前記1のとおり
    ※※精神障害による障害年金を受給している場合は、診断書に代えて、下記のもの(両方)でも可
    年金証書もしくは支払通知書(ハガキ)
    障害等級照会同意書
  2. 交付申請書
  3. 印鑑
  4. 本人の写真
    ※前記4のとおり
  5. 現在の精神障害者保健福祉手帳
  6. 本人の個人番号
    ※前記5のとおり
居住地、氏名が変わったとき 居住地等変更届
※県外からの転入の場合は再交付申請
(※転入・転出の場合は新居住地の市町村で手続きをします)
  1. 記載事項変更届・再交付申請書
  2. 印鑑
  3. 写真(県外から転入の場合のみ)
    ※前記4のとおり
  4. 現在の精神障害者保健福祉手帳
  5. 本人の個人番号
    ※前記5のとおり
手帳の交付を受けている本人が死亡したとき 手帳返還届
  1. 返還届
  2. 印鑑
  3. 精神障害者保健福祉手帳
  4. 本人の個人番号
    ※前記5のとおり

−お問い合せ先−
にかほ市福祉事務所 福祉課 福祉班
(にかほ市役所仁賀保庁舎内)
(電話 0184−32−3034)