障害者総合支援法とは

このページを印刷する

 ▶ 障害者総合支援法とは

 障害者総合支援法は、身体障害、知的障害、精神障害のある人や難病患者等が共通の福祉サービスを利用することにより、安心して暮らすことができるような地域社会をつくることを目的としています。

▶ 対象となる障害者

(1)障害者

  1. 身体障害者福祉法でいう身体障害者(身体障害者手帳の所持者)
  2. 知的障害者福祉法でいう知的障害者のうち18歳以上(療育手帳の所持者)
  3. 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律でいう精神障害者のうち18歳以上(発達障害者支援法に規定する発達障害者を含む)

(2)障害児

  1. 児童福祉法に規定する障害児
  2. 精神障害者のうち18歳未満の人

3)難病患者等

  1. 障害者総合支援法に規定する治療方法が確立していない疾病その他の特殊な疾病であって政令で定めるものによる障害の程度が厚生労働大臣が定める程度である者(国が定める358疾病が対象)

 


−お問い合せ先−
にかほ市福祉事務所 福祉課 福祉班
(にかほ市役所仁賀保庁舎内)
(電話 0184−32−3034)