自動車税等の減免

このページを印刷する

▶自動車税・自動車取得税の減免(軽自動車税等を含む)

●減免を受けることができる自動車
障害者本人が「所有者(車検証記載)」の自動車、または障害者本人が「所有者(車検証記載)」となり新たに取得する自動車で、下記のいずれかに該当するもの。

(1)自らが運転するもの
(2)障害者の通学、通院、通所などのために、生計同一者(同居の家族など)が運転するもの
(3)障害者のみで構成される世帯で、障害者の通学、通院、通所などのために、障害者を常時介護する人(1年以上継続して週3日程度以上身体障害者本人のために運転を行っているか、行う見込みのある人)が運転するもの

【注意事項】
(1)知的および精神障害者、18歳未満の身体障害者の場合は、同居の家族名義でも可
(2)割賦販売により所有権を保留されている場合は、「使用者(車検証記載)」でも可
(3)車検証に「事業用」と記載されている自動車は、減免を受けることができません。
(4)減免を受けることができる自動車は、障害者1人につき1台です。
(5)既に納付済みの自動車税等については、対象となりません。

●減免を受けることができる人

身体障害者
(障害の区分)
身体障害者本人が
運転する場合
家族や
常時介護者が
運転する場合
視覚障害 1級~4級 1級~4級
聴覚障害 2級、3級 2級、3級
平衡機能障害 3級 3級
音声機能障害
(咽頭摘出者に限る)
3級 なし
上肢不自由 1級、2級 1級、2級
下肢不自由 1級~6級 1級~3級
体幹不自由 1級~3級、5級 1級~3級
乳幼児期以前の非進行性脳病変による運動機能障害 上肢機能 1級、2級(1上肢のみの運動機能障害を除く) 1級、2級(1上肢のみの運動機能障害を除く)
下肢機能 1級~6級 1級~3級(1下肢のみの運動機能障害を除く)
心臓機能障害 1級、3級 1級、3級
じん臓機能障害
呼吸器機能障害
小腸機能障害
ぼうこう又は直腸機能障害 1級、3級、4級 1級、3級
ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害 1級~3級 1級~3級
肝臓機能障害 1級~3級 1級~3級
知的障害者 療育手帳の【障害等級(総合判定)】欄に「A」と記載されている人
精神障害者 精神障害者保健福祉手帳に「1級」と記載されている
※身体に複数の障害がある人の場合は、身体障害者手帳に記載されている「障害程度等級」の等級を、それぞれの障害の区分の等級とし、いずれか一つでも上記対象範囲内であれば、減免の対象となります。


●減免申請の手続き

減免を受けようとする人は、その年度の自動車税納付期限(自動車税と軽自動車税は納付期限が異なります)までに必要書類を提出してください。ただし、次の場合には、申請手続きが異なりますので、ご注意ください。

(1)新たに自動車を取得する場合
 自動車の登録手続きの際に申請することとなりますので、自動車の購入先へ事前に相談してください。事後申請では、減免を受けることができません。

(2)すでに減免を受けている自動車から新しい自動車に乗り換える場合
上記(1)と同じ手続きをしてください。ただし、次の制限がありますので、ご注意ください。

  新しい自動車の減免
自動車税 自動車取得税
廃車登録をした後で取得(注1) 受けられる 受けられる
所有権移転登録した後で取得 受けられない(注2) 受けられる

(注1)廃車登録には、県外への変更・移転登録は含まれません。
(注2)減免を受けている自動車の廃車や所有権移転の登録前に取得した新しい自動車については、減免を受けられません。

●減免申請に必要な書類
(1)減免申請諸
(2)障害者手帳
(3)運転免許証
(4)印鑑
(5)車検証
  (※自動車取得の場合は、販売店からの購入内容が分かる契約書等)
(6)生計同一証明書(家族の方が運転する場合)【※市福祉事務所発行】
(7)常時介護証明書(常時介護する人が運転する場合)【※市福祉事務所発行】

※(6)、(7)の証明を受ける際に、上記(2)~(5)の書類等を持参のうえ、市福祉事務所福祉課(仁賀保庁舎)、象潟・金浦庁舎の各市民サービスセンターで申請してください。障害者等と運転者等との同居の有無、身体障害者等の通勤・通学等の事実、そのための自動車等の必要性について確認のうえ、該当する場合に証明書を発行します。

●自動車税等に関するお問い合わせ先
【自動車税】総合県税事務所(由利地域振興局) 電話:23-4105
【軽自動車税】市税務課 電話:43-7505
【自動車の新規取得】購入される自動車販売店


−お問い合せ先−
にかほ市福祉事務所 福祉課 福祉班
(にかほ市役所仁賀保庁舎内)
(電話 0184−32-3034)