補装具費支給制度

このページを印刷する

▶ 補装具費支給制度

補装具とは、身体障害者(児)の失われた身体機能を補完または代替するための更生用の用具をいい、補装具ごとに障害の要件や交付基準額があります。

※原則として事前申請となりますので、装具購入前に市福祉事務所福祉課(電話32-3034)へご相談下さい。

● 補装具の種類

聴覚の障害 補聴器
視覚の障害 眼鏡、コンタクトレンズ、義眼、盲人安全つえ(白杖)
肢体の障害 義手、義足、装具(上肢、下肢、靴型、体幹)、座位保持装置、車いす、電動車いす、歩行器、T字つえ以外の歩行補助つえ、重度障害者用意思伝達装置、
 
肢体の障害
【18歳未満のみ】

頭部保護具、起立保持具、座位保持いす、排便補助具

内部の障害 車いす(※医師が必要と認めた場合)

※車いす、電動車いす、歩行器、歩行補助つえについては、介護保険サービスが利用できる人は、介護保険が優先されます。 

● 費用

原則として1割負担で、負担上限月額が定められています。
また、市の独自軽減措置として、さらに自己負担の1/2が軽減されます。


−お問い合せ先−
にかほ市福祉事務所 福祉課 福祉班
(にかほ市役所仁賀保庁舎内)
(電話 0184−32−3034)