サービスの使い方

このページを印刷する

▶障害福祉サービス利用の流れ

 (1)相談・申請手続
 市福祉事務所福祉課(電話:32-3034)または下記の相談支援事業所にサービスの利用等について相談してください。申請する際は、所定書類を市福祉事務所福祉課へ提出していただきます。
 【相談支援事業所】
 ・金浦療護園〔電話:38-4123〕
 ・さん・とらっぷ〔電話:32-5155〕
 ・みずばしょう(市社協)〔電話:32-3010〕

※相談支援事業所は、市の指定を受けた事業所で、相談支援専門員がサービス利用に係る相談、情報提供、申請手続きの支援、サービス等利用計画案または障害児支援利用計画案(以下「利用計画案」という)等の作成、利用期間のモニタリング等を行います。

(2)利用計画案の作成依頼
 相談支援事業所に、利用計画案の作成を依頼していただきます。
 相談支援専門員は、申請者(ご本人・ご家族等)のサービス内容や利用の意向等を確認し、利用計画案の作成を進めます。

(3)障害支援区分の認定調査
 認定調査員が申請者と面接し、心身の状況等の調査を行い、その調査結果に基づいて、一次判定を行います。

(4)審査・二次判定
 一次判定結果、医師意見書等を踏まえ、審査会で支援区分の認定に係る審査・判定(二次判定)が行われ、判定結果に基づき、障害支援区分(区分1~6)が認定されます。(※申請したサービス内容によっては、判定、区分認定を行わないものがあります。)

(5)利用計画案の提出
 相談支援事業所が作成した利用計画案の内容を確認し、市福祉事務所福祉課へ提出していただきます。(事業者が代理で提出する場合もあります。)

(6)支給決定・受給者証の交付
 障害支援区分や利用計画案等をもとにサービス支給量が決定され、支給決定通知書と受給者証が交付されます。

(7)利用計画の提出・サービスの契約
 支給決定をもとに相談支援事業所が利用計画(本計画)を作成しますので、内容を確認のうえ、市福祉事務所福祉課へ提出していただきます。
 また、希望するサービス提供事業所と利用に関する契約を締結していただきます。

(8)サービスの開始・モニタリング
 契約をもとにサービスの利用が開始となります。サービス利用料は事業所にお支払いいただきます。
 サービス利用期間中は、相談支援専門員が利用状況の確認等(モニタリング)を行います。

 

※サービス等の変更や期間を更新するときは申請手続きが必要です。

※上記は一般的な流れの事例であり、利用するサービスに応じ、異なる流れの場合(他の調査が必要な場合、二次判定を省略する場合など)があります。


−お問い合せ先−
にかほ市福祉事務所 福祉課 福祉班
(にかほ市役所仁賀保庁舎内)
(電話 0184−32−3034)