高額療養費貸付制度

このページを印刷する

高額療養費貸付制度


 



 

 高額医療費で国保から支給されるべき金額(病院からの請求金額全額ではありません)を計算して、その金額の9割をお貸しするというものです。

 お貸しした金額は、高額療養費として支給される金額から差し引いて返納していただきますので、差額分のみ支給いたします。ただし、診療の内容を審査した結果、大幅に請求書の自己負担額と差が出てしまった場合は、返納の際に差額をいただく場合があります。

問い合わせ先
市民課 国保年金班(仁賀保庁舎) (電話 0184−32−3032)
金浦市民サービスセンター (電話 0184−38−4300)
象潟市民サービスセンター (電話 0184−43−7500)