出産費貸付制度

このページを印刷する

出産費貸付制度


 



 

 妊娠16週(4カ月)以降の方に対して、出産費用の一部(出産育児一時金の8割)をお貸しする制度です。その後支給される出産育児一時金から差し引いて返納していただきます。
 母子手帳等の妊娠の証明ができるもの、病院の請求書等を持参のうえ、市役所窓口でご相談ください。

問い合わせ先
市民課 国保年金班(仁賀保庁舎) (電話 0184−32−3032)
金浦市民サービスセンター (電話 0184−38−4300)
象潟市民サービスセンター (電話 0184−43−7500)