敷地内でのガス管損傷事故防止について

このページを印刷する

 

「敷地内での建物解体・増改築等の工事」をご予定のお客様・業者様にお願い

工事前に必ずご確認ください

 

◆敷地内における解体・改装工事でのガス管損傷事故が発生しております!

 敷地内での建物の解体・増改築・整地工事等において、ガス管を破損する事故が増えております。ガス管の破損は爆発・火災等、人命に係わる重大事故につながるおそれがあり大変危険です。安全な工事施工の為、事前の確認をお願いいたします。

 

こんなことから事故が発生しています

1.建物解体中に誤ってガスが通っているガス管を損傷してしまった

お願い

建物を解体する際はその建物のガス供給が停止していることを確認してください。

また、ガス使用停止の手続きによりガスメーターが撤去されていても、メーター立ち管まではガスが流れている可能性があります。工事の支障となる場合は工事影響区間の手前でガス管の遮断工事が必要となりますので、にかほ市の都市ガス工事指定業者へご依頼ください。※敷地内のガス管についてはお客さまの大切な資産ですので、お客様のご負担による工事となります。

2.機械でコンクリートを割っていたところ、ガス管を損傷してしまった

お願い

事前に図面等でガス管の埋設位置を確認してください。また、位置だけではなく、埋設されている深さにも注意してください。

ガス管付近の掘削は必ず手掘りでお願いします。

 

  ◆ご不明な点はにかほ市ガス水道局にご連絡ください。

 お問合せ先 にかほ市ガス水道局 TEL0184-37-3131