なんでもQ&A

このページを印刷する

小松環境産業仁賀保環境保全センター近辺について

掲載日:2012年09月21日

Q.

小松環境産業仁賀保環境保全センター近辺についての質問です。良くセンターの前の道路を通るのですが、ある一定の幅で近辺の植物がすべて茶色くなっているように見えます。丁度センターからの煙が風向きによって道路に入ってくることがあります。この煙の流れと枯れて茶色になっている一帯とが一致するように見え、通行するのがとても不安です。 煙が原因であれば対策をお願いします。

A.

(株)アースクリーン秋田(旧(株)小松環境産業仁賀保環境保全センター)の周辺の「スギ枯れ」については、今年度に周辺の市民の皆様に説明会を開催するなど、対応してきております。また、これまで要望等を受けて、平成24年3月に同社が測定業者に委託して、環境基本法に基づく大気環境を調査したほか、平成24年5月には県が病虫害や気象害の有無、土壌の調査を実施しました。これらの調査によると、人の健康に影響があるものは測定されておらず、また、スギ枯れの原因についても特定するには至っておりません。しかしながら、「スギ枯れ」の範囲がしだいに拡大しているように見受けられるため、今後も被害状況について調査するなど、引き続き同社の産業廃棄物焼却施設の設置を許可した県と連携し対応してまいります。

回答部署名:市民福祉部生活環境課 生活環境班
連絡先:0184-32-3033