なんでもQ&A

このページを印刷する

療養を要する被災者の保護

掲載日:2011年03月22日

Q.

交通機関などの移動手段がないということは承知していますが、市内には訪問看護、介護があり、資格がある方がたくさんいます。新潟市ではすでに大勢の避難者を受け入れています。スマイルなど施設があり、米があるにかほ市では無理なのですか?市が決めたことは市民は協力するはずです。寒さで血圧が上がり、心臓にも負担がかかっているはずです。松島と夫婦ならば絆が深いはず。。。被害の少ないにかほで買いだめしている市民にもっと呼びかけてください!!!そして受け入れに関して前向きに進めてください。にかほが1つになり、助け合うはずです。

A.

 ご連絡ありがとうございます。
 にかほ市としても、避難者の受け入れについて公共施設を準備しているところです。避難されている方々の心労を考えると、一刻も早く安全な場所に避難できるよう、迎えのバスも考えております。秋田県でも避難者の受け入れについて窓口を開設するなど、全県での支援が計画されていますので協力体制が整いつつあります。
 物資不足には、市でも困惑しているところです。「また停電するかもしれない」という自己防衛からまとめ買いに走ったものと思いますので、市民の皆さんには冷静に対応するよう呼び掛けていきたいと考えております。