なんでもQ&A

このページを印刷する

成人式について

掲載日:2012年11月22日

Q.

成人式について。2008年にも質問、(意見?)が有りましたが、再来年娘が成人式を迎える年になり、冬の成人式の大変さを感じました。前出の方にもありました、成人式の日に帰省する大変さ、成人を迎える為に必要か?疑問に思えるほどの経費。夏の成人式で解決できる点が多いように思うのですが、それでも冬の成人式にするメリットを教えていただきたいとおもいます。特別な事をしなくても、みんなで集まり祝えれば良いのではと思います。秋田県では夏の成人式が多いです。県庁ホームページより

A.

 成人式の実施時期と有り様について、率直なご意見をいただき、ありがとうございます。
 2008年(平成20年)のご質問に対する回答でも触れておりますが、旧町時代の象潟・金浦は、帰省しやすいお盆中に、仁賀保は「成人の日」に実施しておりました。2005年10月に合併した翌年の成人式は旧町時代の日取りで実施していましたが、2007年の1月から合同で行っております。
 これまで、成人式に出席された新成人を対象に毎年アンケートを行っておりますが、過去3年の平均出席率は82.3%で、実施時期に関しては、出席者の86.8%が1月実施に賛成という結果でした。これにより、新成人の多くは1月の成人式開催について肯定的であると考えられます。
 ご指摘のとおり、厳しい冬のさなかに実施する場合、夏と比べますと服飾費や交通の便などの面でデメリットのあることは否めません。
 その中でにかほ市の成人式を1月開催とした理由は、「国民の祝日に関する法律」で定める成人の日の前日(出席者のご都合等を考慮し「前日」に行っています。)に式典を行うことにより、新成人が国民の一人として、また社会の一員として、組織的な活動のなかで規律や礼節を体得する場になっていただきたいとの趣旨によるものです。国民の祝日という節目を重んじることで、一層の意識づけを図ることも社会教育の一環として大切なことです。
 25年成人式は1月13日に開催いたしますが、その際にもアンケートを実施いたします。市といたしましては、今後、新成人のみなさまから夏開催を望む声が多くなった場合は、開催時期について改めて検討することといたします。
 地域経済の状況が厳しい中、娘さんのいらっしゃる家庭においては何かと散財をおかけすることもあろうかと思いますが、このことをお汲み取りいただき、ご理解くださるようお願いします。

回答部署名:教育委員会生涯学習課 生涯学習班
連絡先:0184-38-2171