なんでもQ&A

このページを印刷する

高速データ伝送インフラの整備について

掲載日:2005年11月28日

Q.

高速データ伝送の利用可能地域が現在なお限定です。
基本的には事業者の経営上の考え方によるものでしょうが、市民
の中に事実としてサービスの不公平が存在します。
そこで
(1)当該サービス(当面のADSL化)の普及に関する考え方を教えて
ください。
(2)より将来的に、光ケーブル網(あるいは同等)の整備計画につ
いて教えてください。

A.

(1)ADSLの整備について
 現在市内の44局と46局の電話のみがADSL化さ
れておりません。
 象潟地区の上郷・上浜の住民の皆様よりADSL化に
伴う加入意向調査をさせていただき、これを基に事業者
と協議を進めております。
 現在のところ、今年度中にはADSLが運用できる見
込みとなっております。
(2)光ケーブル網の整備について
 現在、市の事業として加入者系光ファイバーの整備計
画はありません。
 今後、民間事業者の整備状況を見ながら検討してまいりま
す。

回答部署名:総務部企画課 企画班
連絡先:0184-43-7510