なんでもQ&A

このページを印刷する

門灯費

掲載日:2008年11月14日

Q.

今、4月~9月まで6ヶ月間に1000円ずつ
年間6000円の支払いが有ります。しかし、内情がハッキリしない上に
引越して
くると、其の方々から又徴収します。ハッキリ言えば二重取りだと理
解します。
銀行に、貯蓄があります。どうゆうことでしょうか?わからないでし
ょうね!
共益費として、家賃と一緒にしたらいかがでしょうか。1ヶ月300円~
400円で電気料は賄えると思います。

A.

公営住宅法では、市営住宅の共有部分にあたる、棟入り
口や階段などの電気代、消耗品費(交換作業工賃を含む)
などは共益費(門灯費)としてその管理費用を入居者が負
担することとしております。共益費の集金及び金額の設定
については、各住宅別に負担額を決めていただいておりま
す。住宅によって違いますが、最高で月1,000円程度
のようです。共益費の管理は、管理人(または班長)にお
願いし、集金から支払いまですべて自主的に管理していた
だいておりますが、それぞれの建物において過去の実績な
どから過不足の出ないよう負担額や集金の回数を決めてい
るようです。

 二重取りのご指摘については、退去と入居が重なった月
などに重複して集金している分があるのではないか、とい
う疑問と推察しますが、現在のところ、集金の方法などに
ついては、各管理者の自主的な運営にお任せしておりま
す。管理、運営の方法についてですが、一般的には、共益
費専用の通帳をつくるなどして管理し、その中から電球の
交換や電気使用料の支払いなどの維持経費に充てておりま
す。階段の天井など高所になりますと、電球の交換にも作
業工賃等を含め数千円程度と費用が掛かることもあります
し、お金の管理や集金も持ち回りなどで行っていることが
多いため、不正な貯蓄や利用は難しいと考えております。
 
 ただし、ご指摘にあったように貯蓄が必要以上に多くあ
る場合などは、トラブルの原因になる恐れもありますの
で、金額の設定を含む集金の方法などに見直しをかける必
要もあると考えています。また、管理人等と相談して利用
者のみなさんが収支内容を把握できる方法を考えたいと思
います。同時に、共益費を住宅使用料に合算して徴収する
必要があるのかどうか検討します。市としても、できるだ
け入居者のみなさんが納得できる形で共益費の運営ができ
るように対応して参ります。

 なお、この回答に関して不明な点やご意見などは、都市
整備課公営住宅係(金浦庁舎2階 38-4307)まで
お問い合わせください。

(ただし、外灯の電気使用料や共用部分の設備の修繕等に
ついては、みなさんからいただいた住宅使用料から市が負
担しております。)