なんでもQ&A

このページを印刷する

取立て電話について

掲載日:2009年06月08日

Q.

市役所では税金取立ての電話をしていますが、支払いをしていないの
が悪いのですがそちらの〆日のために催促はどうかとおもいます。

まったく払ってないわけではありません。待ってもらうことはできな
いのですか?

これから、税金を払っていくのも嫌になります。不愉快です。

A.

ご意見を頂きました貴殿を特定できませんので、納税催促
のご連絡時に当方の職員の対応がどのような状況であった
かは存じませんが、不愉快な思いを与えてしまった事実に
つきましては、お詫び申し上げます。

税は「納期限内に」「納付すべき全額を」「一括して」納
めることが法令で定められており、納税されている皆さん
に納期内で納付していただけることお願いしております
が、事情により遅れてしまう納税者がいることは事実で
す。
ご指摘のありました〆日のための催促ですが、税には納期
限があります。納期限を過ぎますと、20日以内に督促状
を発送します。1件あたり100円の督促料が加算されま
す。
また、督促状発送後10日以内に納付されませんと、滞納
処分(差押え等)を実施することになっております。にか
ほ市では催告書等などの文書を発送し、再度納付をお願い
していますので、実際のところ督促状発送10日経過後の
即時差押えは実施しておりません。
しかし、納期限を過ぎてから納付までの期間が長くなるほ
どに延滞金(納期限の翌日から1カ月以内4.5%、納期限
の翌日から1カ月以降14.6%)が加算されます。
督促状を送付しても納付が確認できない方々には、文書で
のご連絡のほか電話・訪問による納税催促・納税相談も行
っています。
その際、既に納期限を過ぎていますので、早期完納に向け
ての納付目標をもって交渉にあたっており、今回納付のご
相談をさせていただいた際も、〆日のお話しを申したもの
と推察しております。
納付状況が思わしくない場合は定期的のご連絡を差し上げ
ており、多少しつこいように受け止められがちですが、
「地方自治における税の公平性」を守るために、納付交渉
や納税相談を行っておりますので、ご理解を賜りたいと存
じます。
所得の減少や多重債務等、何かご心配事を抱えておられる
方は、遠慮なくご相談いただきたいと存じます。

回答部署名:財務部税務課 納税班
連絡先:0184-43-7505