受動喫煙の防止にご協力をお願いします

このページを印刷する


 

今年(2019年)7月から、市役所庁舎など市施設の敷地内は禁煙となります

 にかほ市における死亡原因は、生活習慣病の割合が高く、その死亡率は秋田県平均を上回っています。喫煙はこれらの疾患の大きなリスク要因となっており、特に受動喫煙については、正しい知識の普及を図り、その防止に向けた取り組みが必要となっています。
 平成30年7月に改正された健康増進法では、学校、病院、児童福祉施設等並びに国及び地方公共団体の行政機関の庁舎は、第一種施設に区分され、原則敷地内禁煙であるものの、その他の施設は、第二種施設に区分され、原則建物内禁煙とされています。
 一方、秋田県は、行政機関の庁舎等における敷地内禁煙については、屋外喫煙所を設置しないよう努めることとするなど、改正法よりも厳しい考え方により、受動喫煙対策を進める方針を打ち出しています。
 こうした秋田県の方針や本市の現状、そして子どもや未成年者への配慮の必要性などを踏まえ、にかほ市においては、市の公共施設等を「受動喫煙ゼロ」の環境とするために、健康増進法に定める受動喫煙対策よりも拡充して実施することとしました。

<基本方針>
1 公共施設等は、原則として敷地内禁煙とします。
2 敷地内禁煙が困難な屋内施設は建物内禁煙とします。
3 敷地内禁煙が困難な屋外施設においては、できるだけ受動喫煙を生じさせないよう配慮します。
4 市の公用車内は、移動中も含め全面禁煙とします。
5 職員等は、勤務時間内禁煙とします。
6 公共施設等管理者は、市民など施設利用者に対し、受動喫煙対策の具体的措置及び趣旨について周知を図り、理解と協力を得るよう努めます。

※6はすでに実施、5は今年4月1日から、その他は今年7月1日から取り組みます。

にかほ市の公共施設等における受動喫煙対策に関する指針(235KB)


市民の皆さまへのお願い

 各施設等の具体的な行動計画については、上記「にかほ市の公共施設等における受動喫煙対策に関する指針」のとおりです。
 今後、市では市民や施設利用者の皆さまに対し、受動喫煙対策の具体的方法や趣旨について周知を図りますので、ご理解とご協力をお願いします。