令和2年(2020年)国勢調査 はじまります!!

このページを印刷する

 

 

Let's Join!! ♯みんなの国勢調査

             ~みんなで日本の未来をつくっていく~

 

書類が届いたらスタートです!調査へのご協力をお願いします!

 

国勢調査は未来を作る最も重要な統計調査です

国勢調査は、1920年の第1回調査依頼、国の最も基本的で重要な統計調査として実施しており、2020年に100年の節目を迎えます。

今回の調査では、世帯印について、「男女の別」「配偶者の有無」「就業状態」「従業地又は通学地」など15項目、世帯について「世帯員の数」「世帯の種類」「住居の種類」「住宅の建て方」の4項目に関する調査が行われます。

調査結果は、選挙区の決定や過疎地域の認定、地方交付金の算定など多くの法令で使用が規程されており、少子化対策や防災対策、生活環境の整備などの政策立案の基礎資料として欠かせないものです。このほか、社会学や経済学などの学術研究はもちろん、企業などによる製品・サービスの需要予測やコンビニエンスストアなどの立地計画などにも活用されており、私達の社会や暮らしを支える重要な情報基盤となっています。

国勢調査の概要

国勢調査は5年に1度実施される大切な調査です。

調査期日

令和2年10月1日現在

調査の対象

令和2年10月1日現在、日本国内にふだん住んでいるすべての人(外国人を含む)および世帯。

※統計法では、正確な統計を作成するために、調査に回答する義務(報告義務)が定められています。

調査の流れ

令和2年9月14日(月)から調査員がお宅を訪問し、調査書類を配布します。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、調査員訪問時は、原則インターホン越しでの説明を行い、調査票は郵便受け等への投函になります。

対面での説明が必要な場合は、一定の距離を保ちながら対応します。

回答方法

以下の2種類の回答方法があります。

1.【インターネット回答】  … スマートフォンやタブレット、パソコンで回答を送信します。

2.【紙の調査票による回答】 … 郵送での提出または調査員が回収に伺います。

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、インターネット回答を推進しています!

また、紙の調査票による回答の場合でも、可能な限り郵送での提出をお願いします!

☺インターネット回答のメリット☺

・時間を気にすることなく、お好きな時間に回答することができます。全16問、回答時間は約10分(一人暮らしの世帯の場合)です。

・インターネットで回答した内容は、回答期限までいつでも修正することができます。

・インターネットで回答された世帯は、紙の調査票の提出が不要になります。書類を運ぶ際に発生するCO2や事務コストを減らすことができます。

 ※使用しなかった紙の調査票には何も記入せずに、他に使われないように破棄してください。

・インターネット回答中の通信はすべて暗号化(SSL/TLS方式)されています。また、不正アクセス防止の対策を24時間行っています。

 ↓↓↓インターネット回答は、「インターネット回答ガイド」をご用意いただき、下記の「国勢調査オンライン」からご回答ください。↓↓↓

 

 

回答期間

【インターネット回答】 令和2年 9月14日(月)から令和2年10月7日(水)まで

【紙の調査票回答】   令和2年10月 1日(木)から令和2年10月7日(水)まで

 ※10月7日まで回答が確認できない場合は、調査員が回答のお願いに伺います。

調査結果の公表

調査の結果は、「人口速報集計」を令和3年6月に公表し、その後、年齢別人口や世帯の状況などを集計した「人口基本集計」を令和3年11月までに公表する予定です。

公表した調査結果については、総務省統計局のホームページほか、都道府県立図書館などで、どなたでもご覧いただけます。

国勢調査をよそおった「かたり調査」にご注意ください!

・国勢調査では金銭を要求することはありません。

 また、銀行口座の暗唱番号やクレジットカード番号をお聞きすることはありません。

・国勢調査をよそおった不審な訪問者、電話やメール、ウェブサイトなどにご注意ください。

 不審に思った際には、速やかに にかほ市役所まちづくり推進課 にお知らせください。

・調査員は、その身分を証明する「調査員証」を携帯しています。

関連リンク

総務省統計局「国勢調査2020総合サイト」