固定資産(家屋)解体届

このページを印刷する

固定資産(家屋)解体届(PDF形式)

登記済家屋を取り壊したときは、法務局「滅失登記」をしてください。                          ただし、滅失登記を行わないとき滅失登記が家屋を取り壊した翌年以降になるとき、または未登記家屋の場合には、「固定資産(家屋)解体届」を提出してください。

※家屋の固定資産税は、毎年1月1日を基準日として家屋の所有者に課税されます。届け出がない場合、取り壊した家屋に誤って課税されてしまう原因にもなりますので、ご協力をお願いします。

 

【必要な添付書類】

◎年内に家屋を取り壊し、年内に届出をするとき

  添付書類は必要ありません。

◎前年(前年以前)に家屋を取り壊し、今年に届出をするとき

  取り壊した日を確認できる書類。(解体業者が発行する証明書など)

※取り壊し日を確認できる書類が無い場合には、届出のあった翌年度からの滅失となりますので、ご理解をお願いします。

 

≪提出・問合せ先≫

 〒018-0192にかほ市象潟町字浜ノ田1

   象潟庁舎 総務部 税務課

   電話 0184-43-7505

 〒018-0311 にかほ市金浦字花潟93-1

   金浦庁舎 市民サービスセンター 市民サービス班

   電話 0184-38-4301

 〒018-0492 にかほ市平沢字鳥ノ子渕21

   仁賀保庁舎 市民課 市民サービス班

   電話 0184-32-3030