市税に関する証明書をとるには

このページを印刷する

市税に関する証明・閲覧

 市税に関する証明・閲覧の申請は、免許証などの本人確認できる書類をご持参のうえ、窓口へお越しください。

(法人に関する証明の申請の場合、法人代表者の職印が必要となります。持ち出し不可の場合はあらかじめ申請書か委任状に押印のうえ、ご持参下さい。)



 本人以外が請求する場合、委任状の提出が必要です。(同世帯家族の証明書の請求には委任状の提出は必要ありません)
 また、郵便による請求も可能です。(本人からの請求のみとなります。)
 
住宅用家屋証明書、軽自動車納税証明書(継続審査用)、営業証明書に関する証明書の発行、土地図面、路線価等公開図の閲覧・写しの交付 に関しては上記に関わらずどなたでも請求・閲覧ができます。(営業証明書の発行には法人代表者の職印が必要です。)
相続等に関する証明書については事実確認が必要な場合があります。

本人確認書類

A 1点の提示で確認できるもの:官公署発行の顔写真付きの免許証、許可証、資格証明書 など
(例)自動車運転免許証・マイナンバー(個人番号)カード・身体障がい者手帳 など
B・C 2点の提示で確認できるもの(B+B または B+C)
B.健康保険証・年金手帳・各種年金保険証書 など
C.本人名義の預金通帳・診察券・キャッシュカード・クレジットカード など

 


市税に関する証明・閲覧の申請

  市税に関する証明・閲覧の申請には以下のものがあります。
 

請用紙  → 

「市税証明交付申請書」(PDF形式)

「市税証明交付申請書」(Word形式)

委任状  

「委任状」 (PDF形式)

種 類

手数料

課税証明書・非課税証明書

●同一世帯の方の分も同時に申請する場合1件扱いとなります。

〈例〉父・母・子(同一世帯)→証明書3枚でも200円

●証明書に記載されるのは前年の所得になります。

〈例〉平成31年度→平成30年中(平成30年1月~12月)の所得

1件につき200円

所得証明書

●同一世帯の方の分も同時に申請する場合1件扱いとなります

〈例〉父・母・子(同一世帯)→証明書3枚でも200円

●証明書に記載されるのは前年の所得になります。

〈例〉平成31年度→平成30年中(平成30年1月~12月)の所得

1件につき200円

納税証明書

●軽自動車の車検用納税証明書は手数料無料です。

1件につき200円

資産証明書

1件につき200円

評価証明書

1件につき200円

公課証明書

1件につき200円

固定資産課税台帳記載事項証明書

1件につき200円

固定資産課税台帳兼名寄帳の写し

1件につき200円

住宅用家屋証明書

1件につき1,300円

公簿の閲覧

1冊につき200円
ただし、土地台帳の閲覧については、1小字(小字のない場合は、大字)につき200円

図面の閲覧

1枚につき200円

 


便による市税の証明書の請求

 郵便による市税の証明書を希望する場合には、次のものを送付してください。

 

1.必要事項を記入した郵便用の申請用紙
 申請様式→「市税証明関係の郵便請求申請書」 (PDF形式)

     ・申請書記載例:市税証明関係の郵便請求申請書【記載例】

     ・相続人の方が記載する場合の記載例:市税証明関係の郵便請求申請書【相続人記載例】

2.手数料分の定額小為替証書(郵便局にてお求めください。)

3.返信用封筒 (宛名を記入し、切手を貼ってください。)

4.身分を確認できる書類の写し(上記「本人確認書類」をご確認ください。)

 

−お問い合わせ先−

象潟庁舎   総務部税務課 (電話0184−43−7505)
金浦庁舎   金浦市民サービスセンター (電話0184−38−4300)
仁賀保庁舎 市民課市民サービス班 (電話0184−32−3030)


税金