平成31年度住宅リフォーム推進事業について

このページを印刷する

『にかほ市住宅リフォーム推進事業』に新たに空き家購入型を追加しました。   
 にかほ市では、住宅投資の波及効果による市内経済の活性化及び空き家の利活用、併せて子育て世帯の経済的負担の軽減による既存住宅の居住環境の質の向上を推進するため、従来の制度を拡充しました!
 現地確認のため、申請時の必要書類に位置図が追加になりました。

★平成31年度補助  予算額 1,500万円 

本事業での
○住宅の増改築とは
 ・既存住宅に増築すること、または既存住宅の一部を解体し造り替えること
○住宅のリフォームとは
 ・既存住宅の機能や性能を維持・向上させるため、住宅および住宅の一部を修繕・模様替えなどを行うこと。

1.補助率・補助限度額
 1)一般型 補助対象工事に要する費用の5%に相当する額(千円未満切り捨て)
   ただし、補助金の額が10万円を超える場合は10万円を限度
 
)子育て持ち家型 補助対象工事に要する費用の10%に相当する額(千円未満切り捨て)
   ただし、補助金の額が20万円を超える場合は20万円を限度
 
3)空き家購入型 
補助対象工事に要する費用の10%に相当する額(千円未満切り捨て)
   ただし、補助金の額が20万円を超える場合は20万円を限度
 4)子育て空き家購入型 補助対象工事に要する費用の15%に相当する額(千円未満切り捨て)
   ただし、補助金の額が30万円を超える場合は30万円を限度
過去に『にかほ市住宅リフォーム支援及び推進事業』を利用された方は、補助を受けたリフォーム等工事箇所・工事内容と異なる工事を申請する場合は対象となります。その場合は、先に受けた補助金と合わせて各項目の限度額までとします。

2.補助対象者
 ○にかほ市内にお住まいの方で、次のいずれかに該当する方
  (1)持ち家住宅(自己所有・居住の住宅)を増改築・リフォームする方
  (2)親または子が所有し、自ら居住する住宅を増改築・リフォームする方
  (3)親または子の持ち家住宅を増改築・リフォームする方
  (4)自らが所有する住宅で、親または子が居住する住宅を増改築・リフォームする方
  (5)空き家購入者で転入見込みの方


3.補助対象住宅 (※賃貸住宅・空き家・別荘などは除く)
 ○一戸建ての住宅
   ※住宅の車庫、物置含む(同一敷地内の別棟も可)。併用住宅の場合は、住宅部分の延べ面積が、建物全体の延べ面積の1/2以上であること。)
 ○マンション等の共同住宅  (※対象者の専有部分のみ。)

4.補助対象工事
 ○次に掲げる全てを満たす工事
  (1)増改築・リフォームに要する費用(消費税及び地方消費税の額を含む)が50万円以上であること
  (2)にかほ市内に事業所を有する建設業者等が施工するものであること
  (3)
交付決定以降に工事着手するものであって、かつ申請年度内(最終日が休日の場合は最終開庁日)に完了実績報告書の提出ができる工事であること。

 
   ※次に掲げる工事については、補助の対象となりません※
(1)公共工事の施工に伴う補償費の対象となる工事
(2)門・塀等、いわゆる外構工事
(3)他の補助制度を利用する場合で、当該補助制度で重複計上が認められない費用
(4)太陽光発電システム設置及び蓄電池の設置に係る工事
(5)その他、補助金の交付が適当でないと認められる工事及び工事費用 

 
5.実施期間
   ○補助金交付申請受付開始  :平成31年4月1日~
 ○工事完了実績報告書提出期限:平成32年3月31日(金浦庁舎建設課必着)
   注1)申請の受付は、予算の状況により途中で締め切る場合があります。
   注2)期限まで提出されない場合は、補助金をお支払いできません。
   注3)交付決定の条件が守られなかった場合は、補助金を返還していただきます。

申 請 窓 口
○農林水産建設部 建設課へ申請して下さい。
 象潟庁舎・仁賀保庁舎 市民サービス班でも書類の取り次ぎを行います
『注意』
 秋田県住宅リフォーム推進事業に係る補助金の申請については、
 取次いたしませんので、直接由利地域振興局へお持ちください。   
■ 問い合わせ先 ■
※対象住宅・対象工事などについて不明な点はお問い合わせ下さい。
・金浦庁舎 農林水産建設部 建設課 都市整備班
      電話 0184-38-4306
 
ダウンロード