9月10日は下水道の日です。

このページを印刷する

下水道の日ってなに?

 「下水道の日」は1961年(昭和36年)に、当時著しく遅れていた下水道の全国的な普及(当時の普及率6%)を図るために、当初は「全国下水道促進デー」として始まりました。

 それから40年が経過し、旧下水道法が制定された1900年(明治33年)から100年を迎えたこと、また21世紀のスタートに当たることから、2001年(平成13年)により親しみのある名称として、現在の「下水道の日」に変更されることになりました。

 

 

 

下水道について

下水道とは、私たちの生活する中で発生する汚水を処理し、快適で衛生的な生活を営むための施設・設備です。

下水道に接続すると、各家庭などから発生した汚水は下水道管を通って下水処理場に運ばれて、きれいな水に生まれ変わります。

そうすることで、水路や川に汚水が流れることがなくなり、周辺環境の改善及び自然環境の保護にもつながります。

 
 
 

下水道への接続について

下水道に接続できる地域にお住まいの方は、下水道への接続により生活環境の改善が図られますのでお早めの接続をお願いします。

下水道に接続するには、各家庭等で下水道への接続工事を行う必要があり、工事等の費用負担が発生することになりますが、下水道の趣旨をご理解いただき、皆様のご協力をお願いします。

 
 
 
 
問い合わせ先
 金浦庁舎 建設課 都市整備班

 ☎0184-38-4306