違反対象物の公表制度について

このページを印刷する

違反対象物の公表制度について

 

令和2年4月1日から

違反対象物公表制度の運用が開始されます!

 

違反対象物の公表制度とは

建物を安心して利用していただくために、利用する方自らが建物の危険性に関する情報を入手し、その建物の利用について判断できるように消防が立入検査で把握した重大な消防法令違反のある建物を、にかほ市のホームページで公表する制度です。

公表制度リーフレット(PDF 467KB)

総務省消防庁 違反対象物公表制度(外部リンク)

 

公表の対象となる防火対象物

ホテル、飲食店、スーパーなどの不特定多数の者が出入りする建物や、病院、福祉施設など一人で避難することが難しい方が利用される建物を対象とします。

 

公表の対象となる重大な消防法令違反

公表の対象となる防火対象物において、消防法施行令で定める技術上の基準に従い、次の消防用設備等が設置されていないもの

(1)屋内消火栓設備

(2)スプリンクラー設備

(3)自動火災報知設備

 

公表する内容

(1)違反が認められた防火対象物の名称

(2)違反が認められた防火対象物の所在地

(3)違反の内容

 

公表の方法

にかほ市ホームページへ掲載します。

 

防火対象物の関係者の皆様へ

防火対象物を利用する人のために、火災予防上の不備がないよう、消防用設備等を設置・維持管理するとともに、防火管理を適切に行ってください。

また、次のような場合には、消防用設備等の設置義務が発生し重大な法令違反になる場合がありますので、事前に消防本部予防課へご相談ください。

・増築や改築、隣接建物との接続を行う場合

・飲食店、スーパー、病院、社会福祉施設等の用途が新たに入居する場合

・窓等の開口部を塞いでしまう場合

 

~ お問い合わせ ~

にかほ市消防本部 予防課

0184-38-2824