住民票とマイナンバーカードに旧姓(旧氏)併記ができます

このページを印刷する

2019年11月5日(火)から住民票とマイナンバーカードに旧姓(旧氏)が併記できます。

「旧氏(きゅううじ)」とは、その人の過去の戸籍上の氏のことです。氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載がされています。

住民票に旧氏を併記するための請求手続きが必要になります。住民票に旧氏が併記されるとマイナンバーカード公的個人認証サービスの署名用電子証明書にも旧氏が併記されます。住民票等に記載できる旧氏は一人に一つだけです。印鑑登録することもできます。

旧氏を併記するためには・・・

(1)旧氏が記載された戸籍謄本等を用意してください。
・当該旧姓の記載されている戸籍謄本等から現在に至るすべての戸籍謄本等が必要となります。戸籍謄本等は本籍地の市区町村に請求してください。

(2)現在お住いの市区町村において請求手続きをしてください。その際、マイナンバーカード(持っている方)、通知カード、本人確認できるもの(運転免許証など)をお持ちください。

 

問い合わせ 市民課 戸籍住民班  TEL32-3035


関連リンク   

総務省 旧姓併記のページ

関連ファイル

【表】旧姓(旧氏)併記パンフレット

【裏】旧姓(旧氏)併記パンフレット