にかほ市景観計画を策定しました

このページを印刷する

 

画像

 本市は、霊峰鳥海山や恵み豊かな日本海、独特の景観美をもつ天然記念物「象潟」九十九島など魅力ある貴重な景観が数多く存在しています。これらの景観特性や景観形成の目標を一人ひとりが理解し、共通認識のもとに景観づくりに協働で取り組むことで、貴重な景観資源を後世に継承していきます。

 これにより、住民の生活環境の向上、観光振興等による地域の活力向上に資するよう良好な景観の保全・形成を図ることを目的に、景観法に基づく「にかほ市景観計画」を策定いたしました。

 市民、事業者の皆さんと一緒に力を合わせ、にかほ市の景観資源を後世に引き継いでいけるよう、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 今後は、この計画に実効性を持たせるために、景観条例制定に向けて取り組んでまいります。

※令和2年7月1日(施行日)から、一定規模以上の建築物や工作物等の建設などを行う際は、「にかほ市景観計画」の届出の対象となる規模に該当するものは、市への届け出が必要になります。

(リーフレット:「にかほ市景観計画」に基づく届出制度が始まります。

 

◆にかほ市景観計画

 にかほ市景観計画(PDF形式:10.4MB)

 ※景観計画とは、景観法に基づき、景観行政団体が定めることができる良好な景観の形成に関する基本計画です。

 

 

◆計画の概要

【計画の目標(将来像)】

 『自然と暮らしが調和した 持続可能な美しい都市 にかほ』 ~地域の特色に根ざした暮らしと営みを育む景観まちづくり~

【景観形成方針】

  基本方針1:恵まれた自然景観や本市の原風景となる田園景観の保全・活用を図ります

  基本方針2:地域の景観資源を活かした魅力ある市街地・集落景観を創出します

  基本方針3:景観を育む心を醸成し、協働による景観づくりに取り組みます

【景観計画区域の設定】

   にかほ市全域

 (令和2年6月30日までは、「秋田県の景観を守る条例」が適用されますので、引き続き、届出対象となる建築物や工作物等は、高速道路や一般国道、県道、鉄道から「200m以内」では届出が必要です。令和2年7月1日以降は、その届出範囲が「200m以内」から「にかほ市全域」となります。

  

【ゾーニング図】

 市域を大きく4つのゾーンに区分し、ゾーン内で特徴的な景観や特に重要となる景観を持つエリアを、重点地区に設定しています。

区分

ゾーン概要

森林景観ゾーン

・鳥海山の豊かな自然を中心としたエリアとします。

・鳥海山の豊かな自然の保全と活用が図れるような景観に誘導していくゾーンとします

山間部高原ゾーン

・仁賀保高原の豊かな自然を中心としたエリアとします。

・高原の自然が保全されるような景観に誘導していくゾーンとします。

 

【重点地区】

風の見える丘

ゾーン

・本市の特徴的な景観ともなっている風車が群立するエリアとします。

・高原の自然と風車とが調和した本市の新たな観光スポットとして活用できるような景観に誘導していくゾーンとします。

田園景観ゾーン

・市中央部に広がる農地を中心としたエリアとします。

・田園(農地)と集落が調和する景観に誘導していくゾーンとします。

 

【重点地区】

九十九島ゾーン

・独特の景観美をもつ天然記念物に指定されている「象潟」九十九島とその周辺農地を中心としたエリアとします。

・本市の歴史・文化の拠点として、その景観の保全と活用が図れるような景観に誘導していくゾーンとします。

海辺とまち景観ゾーン

・市の西側、沿岸部と市街地を中心としたエリアとします。

・それぞれの地域にあった景観へ誘導していく地域とします。

⇒海辺や周辺農地と調和した景観

⇒地域の歴史文化資源と調和した景観

⇒落ち着いた潤いある街並み(住宅地の景観)

⇒商店街などの賑わいの創出     など

 

 

【景観形成のための行為の制限に関する事項】

 〇届出対象行為の届出規模

 各ゾーンで良好な景観を形成していくため、景観への影響が大きい規模の建築物、工作物の新築や増築、開発行為などを行う際は、届出が必要となります。ただし、届出の対象となる規模を超えていても、適用除外行為として、届出を行う必要がない場合もありますので、その都度確認が必要です。

 ※適用除外行為:各ゾーン内で、自然公園法や文化財保護法、秋田県屋外広告物条例等により、規制がかかるものは届出規模を超えても届出を行う必要はありません。

       ・届出対象行為(PDF形式)

画像

 

  〇景観形成基準

  届出された行為が、各ゾーンの景観形成方針に適した景観となっているかを判断していくために設定しています

     ・景観形成基準(PDF形式)

 

 

◆問い合わせ先
  農林水産建設部 建設課 都市整備班
  電話:0184-38-4306 FAX:0184-32-4076 E-mail:tosiseibi@city.nikaho.lg.jp