にかほ市障がい者虐待防止センター

このページを印刷する

 にかほ市では、福祉課内に「にかほ市障がい者虐待防止センター」の機能を設け、相談・通報の受付をしています。

  〒018-0492 にかほ市平沢字鳥ノ子渕21番地

         にかほ市福祉事務所 福祉課 福祉班内

  相談・通報の受付(平日8時30分から17時15分)

  ◎電話 0184-32-3034 FAX 0184-37-2135

  上記以外の時間帯(平日夜間、土・日曜、祝祭日)

  ◎電話 080-1688-6047(にかほ市障がい者基幹相談支援センター相談支援事業所 さん・とらっぷ)                                           

1.設置目的・概要

 「障害者虐待防止法」の対象となる方は、身体障がい、知的障がい、精神障がい(発達障がいを含む)のある方や、そのほか心身の障がいや社会的な障壁によって、日常生活や社会生活が困難で援助が必要な方です。 

 「障害者虐待防止法」は、誰であっても障がいのある方を虐待してはならないと定めた上で「養護者(家族等)」、「福祉施設従事者(支援者)」、「使用者(事業主)」から「身体的虐待」、「性的虐待」、「心理的虐待」、「放棄・放任(ネグレクト)」、「経済的虐待」を受けること、を虐待と規定しています。

 障がいのある方を支える養護者が、介護をするうちに心身共に疲労し、追いつめられることで虐待に繋がることを防ぐために、養護者の負担軽減なども盛り込まれたほか、虐待に気づいた方は市町村に通報しなければならないと定めています。障がいのある方への虐待は表に出にくく、市民の皆様からの通報が早期発見と被害者の迅速な支援に繋がります。

【障害者の虐待の例】 

⑴身体的虐待:障がいのある方の体に傷や痛みを負わせる暴行を加えること。また、正当な理由なく身動きの取れない状態にすること。

⑵性的虐待:障がいのある方に無理やり(または同意と見せかけ)わいせつなことをしたり、させたりすること。

⑶心理的虐待:障がいのある方を侮辱したり、拒絶したりするような態度で、精神的な苦痛を与えること。

⑷放棄・放任(ネグレクト):食事や入浴、洗濯、排せつなどの世話や介護をほとんどせず、障がいのある方の心身を衰弱させること。

⑸経済的虐待:本人の同意なしに障がいのある方の財産や年金、賃金などを使うこと。また、障がいのある方に理由なく金銭を与えないこと。

2.事業内容

 実際に虐待を受けている方や、ご家族などからの相談や、虐待が疑われる案件の通報などを受付けます。

 内容に応じて被害者やご家族などが必要な支援を受けられるように、関係機関などと連携して対応します。匿名での相談も可能であり、正当な理由なしに通報した方を特定できるような情報を漏らしてはならないと規定されているため、相談者のプライバシーは守られます。