新型コロナウィルス感染症に係るイベント等の開催基準等について

このページを印刷する

新型コロナウィルス感染症に係るイベント等の開催基準等について

令和2年4月1日
新型コロナウィルス感染症に係るにかほ市対策本部

 新型コロナウィルス感染症については、3月27日に由利本荘市で2名の感染者が確認されたほか、3月30日には県内で5例目、31日には6例目となる感染者が確認されました。また、東京都を中心として都市部における感染者も急激に増加しています。
 今後、感染源が分からない患者数が継続的に増加し、全国に拡大すれば、どこかの地域を発端として爆発的な感染拡大を伴う大規模な流行につながりかねない状況にあります。
 そのためにかほ市としては、市が主催し又は関係するイベント等についての開催基準及び市職員の出張のあり方等を次のとおり厳格化し、これを徹底することで、一層の感染拡大防止を図ることとします。

1 市が主催するイベントや集会

(1)令和2年5月6日(水)まで、原則として中止、延期又は縮小する。
(2)開催する緊急性や必要性、開催の会場・態様・時間のほか、参加者の状況等を総合的に考慮した結果やむを得ず開催する場合は、感染防止対策(※)を遵守して行う。

2 市以外の団体が主催するイベントや集会

(1)令和2年5月6日(水)まで、原則として中止、延期又は縮小を要請する。
(2)開催する緊急性や必要性、開催の会場・態様・時間のほか、参加者の状況等を総合的に考慮した結果やむを得ず開催する場合は、感染防止対策(※)を遵守して行うことを要請する。

3 市以外の団体が主催するイベントや集会への市職員の出席について

(1)令和2年5月6日(水)まで、イベントや集会へは、原則として出席しない。
(2)開催する緊急性や必要性、開催の会場・態様・時間のほか、参加者の状況等を総合的に考慮した結果やむを得ず出席する場合は、感染防止対策(※)が遵守されていることを確認するとともに、市職員の出席は最小限に抑え、会議のみの参加とする。

4 市職員の出張について

(1)令和2年5月6日(水)まで、県外への出張は原則として行わない。
(2)重大事案、重要事案等でやむをえず出張する場合は、出張先にも感染防止対策(※)を遵守してもらうとともに、出張する市職員の数を最小限に抑える。
(3)帰庁後は、定期的な体温測定を行うなど慎重に健康観察を行うとともに、万一、発熱や咳等の症状が現れた場合は、登庁せず、国や県のガイドラインに従って適切に医療機関を受診する。
(4)県内への出張の場合も、その緊急性や必要性を十分に検討の上、出張の可否を判断する。また、出張先にも感染防止対策(※)を遵守してもらうとともに、出張する市職員の数を最小限に抑える。
(5)帰庁後は、(3)と同様の対応を心掛ける。

5 来庁者等への対応について

(1)令和2年5月6日(水)まで、県外からの来庁は原則として遠慮していただく。
(2)重大事案、重要事案等でやむをえず来庁いただく場合は、感染防止対策(※)を遵守するとともに、対応する市職員の数を最小限に抑える。
(3)県内からの来庁の場合も、その緊急性や必要性を十分に検討の上、来庁の可否を判断する。また、感染防止対策(※)を遵守するとともに、対応する市職員の数を最小限に抑える。

 

(※)感染防止対策

(1)参加者への手洗い・咳エチケットの徹底
(2)会場へのアルコール消毒液の設置
(3)発熱や咳等の風邪症状のある方や、基礎疾患をお持ちの方で感染リスクを心配される方への参加自粛の協力要請
(4)会場のこまめな換気の実施
(5)会場の広さを確保し、お互いの距離を空けるなどして人の密度を減らす
(6)近距離での会話や発声、高唱を避ける
(7)参加者数や開催時間は、必要最小限にとどめる

以上