にかほ市妊産婦医療費助成事業について

このページを印刷する

令和2年度4月1日から

妊産婦医療費助成事業が始まりました

にかほ市では、妊産婦の疾病の早期発見・早期治療を促進し、安心して産み育てることができる環境づくりのため、妊産婦の医療費の一部を助成します。

妊産婦医療費助成事業とは・・・

にかほ市在住の(住民票がある)妊産婦さんが、健康保険が適用になる診療を受けて支払った医療費(自己負担分)を市が助成する事業です。

1.助成の対象となるもの

医療機関(病院・薬局・歯医者等)で、保険診療を受けて支払った医療費の自己負担分(ただし、上限30,000円)

*入院時食事療養本人負担分、定期健診や出産費用、入院時の差額ベッド代など保険適用外のものは対象外となります

2.助成対象期間

にかほ市で母子手帳の交付を受けた日(転入の妊婦は転入日)から出産(流産・死産)した翌月の末日まで(※転出の妊婦は転出日の前日まで)

3.申請期限

出産日から6か月以内に申請してください

4.助成申請の方法

(1)受診をしたら医療費を払い「領収書・明細書」を受け取る

(2)対象期間を経過後もしくは上限30,000円に達したのち、下記のものを揃えてにかほ市ネウボラあのね(金浦保健センター)へ申請する 

 《申請に必要なもの》

医療機関発行の領収書および明細書、母子健康手帳、健康保険証、印鑑、申請者名義の預金通帳、申請書および請求書

※ 手続き完了後、2~3週間後に申請時の口座にお振込みとなります

 

【問い合わせ・申請先】

にかほ市ネウボラあのね(金浦保健センター)

TEL38-4200