介護予防・日常生活支援総合事業

このページを印刷する

『介護予防・日常生活支援総合事業』ってどんな事業?

 → 1.「一般介護予防事業」と 2.「介護予防・生活支援サービス事業」があります。

 

 1.「一般介護予防事業」 … 65歳以上の方であれば利用可能。

  ※運動事業については、身体状況を確認のうえ、利用をお断りする場合もあります。

教室名 内  容
まめだが教室 専門指導員が筋力向上トレーニングマシンを用いて集団指導を行います。
いきいき運動教室 専門指導員が筋力アップ体操やストレッチ体操などをとおして集団指導を行います。
かがやき運動教室

シルバー世代のトレーニングマシン開放日

総合福祉交流センター(スマイル)の筋力向上トレーニングマシンを65歳以上の方を対象に開放しています。マシン利用講習会を受講後、登録し、完全予約制で実施します。
おいしく噛みんぐ教室 口腔内の健康の秘訣、高齢期の栄養のポイントを歯科医師、歯科衛生士、管理栄養士などの専門職がわかりやすく指導します。
脳活教室 認知症やその予防法を正しく理解し、認知機能を高める、より若々しい脳づくりを目指した教室です。

 ※教室等の開催前には、広報等で詳細をお知らせいたします。

 

 2.「介護予防・生活支援サービス事業」 … 要支援1・2の方と、総合事業対象者が利用可能。

  1)訪問型サービス : ヘルパーや介護予防の専門家が自宅を訪問する事業です。

   ◎総合事業訪問介護サービス(従来のヘルパー:利用者負担あり)

     →ホームヘルパーによる買い物や掃除など、生活の支援を受けることができます。

   ◎訪問型専門的指導事業

     →保健師や歯科衛生士、管理栄養士、リハビリ専門職などが、専門的な指導を行います(月に1回程度、計3回実施)。

種類 職種 こんな方に!
さわやか運動訪問 保健師 転倒への不安が大きい、足が上がりにくくなってきた、自宅でできる運動を知りたい など。
お口の健康訪問

言語聴覚士

歯科衛生士

むせが多くなってきた、肺炎を繰り返す、唾液がでにくい、正しいお口のケア方法を知りたい など。
栄養改善訪問 管理栄養士 やせてきた、低栄養状態にある、食材や調理法など知りたい、食欲がない、食事が面倒 など。
生きがい支援訪問 保健師 気持ちの落ち込みがみられる、不安が強い、閉じこもりがち、誰かと話したい など。

 

  2)通所型サービス : 通所施設で生活上の支援を受けたり、専門家の指導を受ける事業です。

   ◎総合事業通所介護サービス(従来のデイサービス:利用者負担あり)

     →個別の目標にあわせて、定期的に通所介護施設に通い、食事や入浴などの日常生活上の支援サービスや生活機能向上のためのサービスを提供します。

   ◎総合事業生活機能向上サービス(身にデイサービス:利用者負担あり)

     →みんなで集うサロンのような雰囲気の中で、運動やレクリエーション、季節の行事などを行います。

   ◎通所型専門的指導事業

教室名 内  容
パワーアップ教室 専門指導員が筋力向上トレーニングマシンを用いて、筋力アップの指導やお家でできる体操などを指導します。

 

 こちら(ガイドブックP12~13)もご参照ください。

 こちら(ガイドブックP16~17)もご参照ください。

 

詳しくは 地域包括支援センター Tel32-3045 までお問い合わせください。