ひとり親世帯臨時特別給付金の支給について

このページを印刷する

 新型コロナウィルス感染症の影響により、子育てに対する負担の増加や収入の減少など特に大きな困難が生じていることから、ひとり親を支援するため、「ひとり親世帯臨時特別給付金」を支給することとなりました。

この給付金は、対象となる方の条件に応じて「基本給付」と「追加給付」の2種類があります。

1.基本給付

●給付金の対象となる方

 以下、(1)~(3)のいずれかに該当する方

 (1)令和2年6月分の児童扶養手当が支給された方

 (2)公的年金等を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止された方

 (3)新型コロナウィルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

●給付金額

  1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円加算

2.追加給付

●給付金の対象となる方

 上記、基本給付対象の(1)または(2)に該当する方のうち、新型コロナウィルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少した方

●給付金額

 1世帯5万円

 

給付金の支給手続き

●基本給付の(1)に該当する方

・申請は不要です。

・8月7日(金)、令和2年6月分の児童扶養手当を支給している口座に振り込みの予定です。

・給付金の受給を辞退される方は7月31日までに「ひとり親世帯臨時特別給付金(基本給付)受給拒否の届出書」の提出が必要ですので、子育て支援課までご連絡ください。

・指定していた口座を解約しているなど、支給に支障が出る恐れがある場合は、7月31日までに振込指定口座変更の手続きをお願いします。

 

●基本給付の(2)、(3)に該当する方

・申請が必要となります。

・8月の児童扶養手当現況確認の面談時または、母子・父子世帯調査票提出時等に申請書を記入していただきます。給付金の支給要件に該当する方に対して、申請内容を確認して指定口座に可能な限り速やかに振り込みます。

・(3)に該当する方については、添付書類として「減収が分かる資料」を持参してください。申請内容を確認して指定口座に可能な限り速やかに振り込みます。

●追加給付に該当する方

・申請が必要となります。

・8月の児童扶養手当現況確認の面談時または、母子・父子世帯調査票提出時に、収入が減少している旨の申請を行っていただきます。そ     の際、添付書類として「減収が分かる資料」を持参してください。申請内容を確認して可能な限り速やかに振り込みます。

※「減収が分かる資料」

 ・今年2月以降の給与明細書

 ・昨年同月の給与明細書、令和元年度分の所得証明書または、その他収入等の申告書などのいずれか

関連情報

 厚生労働省 ひとり親世帯臨時特別給付金について(外部リンク)

お問い合わせ先

 にかほ市市民福祉部子育て支援課

 電話:0184-32-3040