東京2020大会ホストタウン関連

このページを印刷する

【パラリンピアン講演会を開催しました】

2020年12月5日、象潟公民館でにかほ市スポーツ少年団6年生を対象にオンライン講演会を開催。講師はパラリンピックアイスホッケー銀メダリストの上原大祐さん。身体が不自由ということを全く感じさせず、チームワークの大切さや前向きな生き方を伝えた上原さん。心に響く言葉一つ一つに児童や指導者は、勇気と感動をもらいました。

〈参加者の感想〉

・普通の人も障がいのある人もあまり変わらないと気づくことができました。

・仲間のために「してあげた」ではなく「してあげたい」気持ちが最高のチームワークを作ることが分かり感動しました。

・体が不自由な人も自分たちも、できることは人によって違う。平等にするのは大切だけど、公平にして誰かを助けることもチームワークだと知りました。

・障がいを持っていなくても、どんな人にもできることとできないことがあることを知りました。弱みではなく強みを最大限に生かしたい!

 

【仁賀保高校でリベリア講座を開催しました】

2020年11月26日、にかほ高校の2年生を対象にリベリア講座を開催。高校生向けにレベルアップし、歴史や経済、文化、気候などさまざまな面から見たリベリアを学びました。

 

〈参加者の感想〉

・国の名前の由来や位置、過去などは知っていましたが、文化を知ることによってもっと興味が沸きました。

・リベリアの国の歴史や今現代のことを知ることができ大変勉強になりました。

・リベリアについて深く知ることができて、日本と似ているところがあり、親近感が沸きました。

 

【平沢小学校でリベリア講座を開催しました】

2020年11月20日、ひらさわ小学校の6年生を対象にリベリア講座を開催。講師のスティーブンスさんとJICAの野口聡子さんが講師となり、リベリアの景色や料理、動物などを写真で紹介。クイズ形式で質問に答えたり楽しく学びました。

 

〈参加者の感想〉

・リベリア人の平均年齢が17歳と聞いて驚きました。

・リベリアでも米を食べることが驚きでした。

・大統領ジョージ・ウェアさんのプロサッカー時代にACミランのユニフォームを着ていてビックリしました。

・リベリア人とサッカーをしたい。

・リベリアでは雪が降らないことを初めて知りました。

 

【リベリアの国歌を学ぼう!を開催しました】

 2020年9月28日と10月26日に、コーラスグループ会員の市民の方々がリベリアの国歌を学びました。講師:ソプラノ歌手の新藤昌子氏からご指導を受け、参加者の方々も大喜び。

 リベリア共和国の国歌は、国が独立し自由を喜ぶ幸せに満ちた歌です。リベリア国歌のCDや新藤氏の歌唱DVDがありますので興味のある方に貸し出しします。来年、選手団を迎える際の歌い手も募集しています。

 

【バリアフリーマップを作ろう!を開催しました】

 2020年10月3日(土)にかほ市スポーツ宿泊研修センターを会場に開催、障がい当事者、スポーツ推進委員、市民、市職員合わせて27人が参加しました。

 宿泊施設やスポーツ施設の改善点などをチェックし、和気あいあいとグループワークを行い手作りマップを作成しました。

 また、アテネオリンピック水泳の銅メダリストで視覚障がいがある杉内周作氏のオンライン講演もあり、心のバリアフリーを学ぶ機会となりました。

 今後、パラリンピックの出場選手を迎えることを想定し、また、誰もが使いやすい施設を目指すきっかけとなりました。 

〈参加者の感想〉

・現地に行き、見る、探すがやられたことはすばらしい!

・車いすを体験して、車いすを利用している方の気持ちが少し理解できた。

・障がい者の気持ちで歩くことがなかったので、これからは真剣に捉えていきたい。

・できること、声掛けから先ずは心掛けていきたいと思います。

[主催] にかほ市 (商工観光部スポーツ振興課、市民福祉部福祉課)

[実施] 株式会社フィデア情報総研 富士通エフ・オー・エム株式会社 富士通株式会社

 

【バリアフリーマップを作ろう!参加者募集

障害のある方の身になって市内のスポーツ施設を回ったり、お話を通して障がいのある人も運動しやすい環境について考えます。オリンピック・パラリンピックをきっかけに、みんなでスポーツを楽しみましょう。

日時 10月3日(土) 13:00~17:00

   *雨天時は10月17日(土)に延期

会場 スポーツ宿泊研修センター

対象 小学生~一般(低学年は保護者同伴)

公募定員 3人 (全参加者は15人の予定)

申込期限 9月15日(火)

申込 TEL0184-33-8855 スポーツ振興課

 

【リベリア応援!メッセージ動画 出演者(団体)募集

 ホストタウン候補のリベリア共和国との交流機運を高める取り組みの一つとして、出場候補選手や国民の方々を応援する動画の出演者(団体)を募集します。

 例えば「頑張ろう!」「応援しています!」などのボードを持って一言メッセージを話します。1人(団体)30秒程度撮影し、5秒程度に編集されます。

 完成動画は、オリパラホストタウンサイトやユーチューブにアップし、リベリア共和国にも発信予定です。

 協力 秋田県立仁賀保高等学校 情報メディア科

 申込期限 9月15日(火)

 申込 TEL0184-33-8855 スポーツ振興課

 

 

【リベリア国歌を学ぼう 参加者募集

 オンライン講座によりリベリア共和国の国歌を学びます。国歌動画を届け応援の気持ちを伝えます。

日時 (1回目) 9月28日(月) 10:00~11:00

会場 象潟体育館

募集人数 レッスン受講者は3人まで。見学可。日程が合わない場合はZOOM録画を提供します。

レッスン内容(全2回)

1回目 メロディの音取り練習、言葉の発声練習、抑揚の付け方など

 

2回目 1回目の復習と総仕上げ、質疑応答

 

 

曲名「All Hail Liberia Hail!」万歳、リベリア

申込 TEL0184-33-8855 スポーツ振興課

 

 

【一般向けリベリア講座 リベリアってどんな国?を開催しました

 2020年8月22日(土)仁賀保公民館を会場に開催、60人が参加しました。講師は秋田市在住でリベリア共和国出身のスティーブンス・モール氏。

 リベリア共和国の生活様式、食、教育システム、文化、スポーツなどの紹介をいただきました。

〈参加者の感想〉

・日本とリベリアの似ている所や違う所が分かり興味が出ました。親近感がわきました。

・オリンピック・パラリンピックのの開催にあたり自分も何かしたいと思いました。

・ホストタウンの説明を詳しくほしい。これからの見通しを知りたい。

・リベリアに関係する映画の上映、料理教室など引き続き講座の開催を期待します。

 

 

 

 

小学生向けリベリア講座 リベリアってどんな国?を開催しました

 2020年8月5日(水)象潟小学校体育館を会場に開催、35人が参加しました。講師は秋田市在住でリベリア共和国出身のスティーブンス・モール氏。

  リベリア共和国について紹介してもらうと、子どもたちからたくさんの質問があり、「リベリア共和国のことをもっと知りたい!」という感想が多くありました。

 また、「ジェンベ(太鼓)」の演奏を聞いたり、日本の昔遊び「紙でっぽう」を一緒に作って楽しみました。

 

 

 

リベリアの国旗を学んでみよう を開催しました 

 2020年8月4日(火)仁賀保高等学校を会場に開催、22人が参加しました。講師は秋田市出身で、1964年東京オリンピック組織委員会メンバー国旗専門職員の吹浦忠正氏。

 吹浦氏から、にかほ市のことも交えながらリベリア国旗や世界各国の国旗について紹介していただきました。

〈参加者の感想〉

・国旗に入った様々な思いが伝わってきた。

・国旗以外のことも知りたいと思った。

・秋田県出身の方がこんなに重要なことに携わっていたことを「誇り」に思います。

 

 

 

 

2020.8月の ホストタウンに向けた行事や計画 チラシ 

 

一般向けリベリア講座 リベリアってどんな国?参加者募集

リベリアの食や生活など、いろいろな話を聞いてみましょう。

日時 822日(土)14:00~16:00

会場 仁賀保公民館 講堂

講師 Stevens Morlu

(スティーブンスさん)

対象 一般(中学生以上)

申込期限 8月16日(日)

*お子様連れの方も大丈夫です

Stevens Morlu氏 リベリア共和国出身。秋田市に在住し秋田大学で生化学の研究をしています。

申込 TEL0184-33-8855 スポーツ振興課

 

小学生向けリベリア講座 リベリアってどんな国?参加者募集

どんな食事をしているの?どんな生活をしているの?いろいろなリベリアの話を聞いてみよう!

日時 85日(水)13:30~14:30

会場 象潟小学校体育館

講師 スティーブンスさん

 JICA秋田 野口聡子氏

対象 小学生

申込期限 7月30日(木)

*当日、学童保育のびやかサークルに通う人は申込不要

スティーブンスさんは、リベリア共和国出身。秋田市に在住し秋田大学で生化学の研究をしています。

申込 TEL0184-33-8855 スポーツ振興課

 

リベリアの国旗を学んでみよう 参加者募集

国旗を知れば国のことがわかる!オンラインでお話を聞きます。

日時 84日(火)9:50~11:00

会場 仁賀保高校

講師 吹浦 忠正氏

対象 小学校3年生~一般

定員 15人

申込期限 7月30日(木)

*友遊くらぶで申込した人は申込不要

吹浦 忠正(ふきうら ただまさ)氏

秋田市出身。秋田大学付属小4年生のときに国旗に興味を持ち、1964年、大学生のときに東京オリンピック組織委員会メンバー国旗専門職員として携わる。また、国際赤十字などで海外支援を行う。

 

 

【にかほ市のホストタウン計画】

東京2020オリンピック・パラリンピックでは、海外の参加選手や関係者と交流する「ホストタウン事業」に全国の自治体が取り組んでいます。

にかほ市では、提携の可能性のある「リベリア共和国」との登録を計画しています。

 

にかほ市のホストタウンの目的は?

◎ホストタウンを事業を通してリベリアやアフリカのことを学び、世界にはさまざまな国があることを知ろう!

◎オリンピック・パラリンピックをきっかけに障がいのある人もない人もスポーツを楽しもう!

◎リベリアの選手や国民の応援・交流を通じ、SDGsについてできることを考え行動しよう!

 

「リベリア共和国」の紹介

・西アフリカに位置する海や森など豊かな自然に恵まれた国です。にかほ市との共通するところがありそうです。

・アメリカ合衆国の黒人奴隷解放政策によって自由になった人々が入国し建国、1874年に独立しました。

 

話題の大統領について

・ジョージ・ウェア大統領はFIFA(国際サッカー連盟)年間最優秀選手賞を受賞したことのある有名な元プロサッカー選手です。インフラ・教育・保健等で、貧困減少に取り組んでいます。

・前大統領サーリーフ氏は、アフリカ初の民選女性大統領で、平和への取り組み・社会経済の促進・女性の地位向上に貢献し、2011年にノーベル平和賞を受賞しました。

 

2020年度の事業

・オンラインでの応援

・リベリアを知る学習会

・手作りバリアフリーマップの作成

・オリ・パラスポーツ競技体験 など