森林環境譲与税の使途公表について

このページを印刷する

森林環境譲与税

平成31年(2019)年3月に「森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律」が成立し、森林整備等の新たな財源として、同年9月より全ての市町村と都道府県に対する森林環境譲与税の譲与が開始されました。

使 途

森林環境譲与税は、市町村においては、間伐や人材育成・担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発等の「森林整備及びその促進に関する費用」に充てることとされており、その使途については、インターネットの利用等により公表しなければならないこととされています。

林野庁HP[森林環境税及び森林環境譲与税]

https://www.rinya.maff.go.jp/j/keikaku/kankyouzei/kankyouzei_jouyozei.html

・令和元年度活用実績

歳 入

金 額

・森林環境譲与税

8,649千円

 

歳 出

金 額

・森林経営意向調査全体計画策定業務

2,893千円

・基金積立

5,756千円