子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分)について

このページを印刷する

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の子育て世帯分)を支給します。

支給対象者

次の1.2.の両方にあてはまる方(※ひとり親世帯分の給付金を受け取った方を除く)

 

1.令和3年3月31日時点で

  18歳未満の児童(障がい児の場合、20歳未満)を養育する父母等

   (※令和4年2月末までに生まれた新生児等も対象になります。)

 

2.令和3年度住民税(均等割)が非課税の方

   または

  新型コロナウイルス感染症の影響により、令和3年1月1日以降の収入が急変し、住民税非課税相当の収入になった方(家計急変者)

※新型コロナウイルスの影響により収入が減少した任意の1か月の収入額を基に、1年間の収入見込額を算定します。給与明細など収入が分かる書類が必要となります。

※新型コロナの影響による家計急変者に該当するかどうか分からない方は担当までご相談ください。

<参考:住民税非課税相当収入のめやす>

世帯の人数(注) 非課税相当収入限度額
2人(例)父(母)子1人 1,378,000円
3人(例)父母子1人 1,680,000円
4人(例)父母子2人 2,097,000円
5人(例)父母子3人 2,497,000円
6人(例)父母子4人 2,897,000円

(注)世帯人数は、以下の合計人数です。

 ・申請者本人

 ・同一生計配偶者(収入金額103万円以下の者)

 ・扶養親族

 

支給額

児童1人当たり一律 5万円

支給手続き

(1)令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当の受給者で、令和3年度住民税(均等割)が非課税の方(公務員以外)

   → 申請は不要です。

   ※令和3年7月29日(木)に児童手当等の支給口座へ振り込みます。

(2)高校生のみを養育している方で令和3年度住民税(均等割)が非課税の方

   → 申請が必要です。

(3)対象児童を養育している方で、R3.1.1以降の収入について、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が住民税非課税相当となった方

   → 申請が必要です。

必要書類

○窓口で請求(記入)または、ダウンロードして持参できるもの

・低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分) 申請書(請求書)

・簡易な収入(所得)見込額の申立書(給与明細書、年金振込通知書等の収入額が分かる書類を添付)

 ※令和3年度住民税(均等割)非課税の場合は不要です。

 ※配偶者等がいる場合は、配偶者等の収入が分かる書類の添付も必要です。

○コピー等写しの準備、提出が必要なもの

・申請者の本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等のコピー)

・受取口座を確認できる書類の写し(通帳やキャッシュカードのコピー)

・申請、請求者の世帯の状況等を確認できる書類(戸籍謄本または住民票等)

申請場所(お問合せ)

子育て支援課(仁賀保庁舎6番窓口) 電話:32-3040

申請期限

令和4年2月28日(月)まで

様式ダウンロード

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分) 申請書(請求書)

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分) 申請書(請求書)【記入例】

簡易な収入見込額の申立書(家計急変者)

簡易な収入見込額の申立書(家計急変者)【記入例】

リンク

厚生労働省HP「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金」